悩みの原因や解決方法

書籍の紹介:大嶋信頼「それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも?」

[書籍の紹介FAP療法とは何か?悩みの原因や解決方法]


 「頭のなかで湧く,恐れや否定的な思考を解消することができればいいな」

 「ほんとうの意味でのリラックスを感じてみたい。」

 「ありのままでいたい。」

 そのように私達は願います。

 
 でも,どうしても頭のなかでグルグルと思考が回って止まらない。
 恐れが湧いてきてどうしようもない。
 自分らしくいることができない。

 なぜそんな状態になるかというと,実は,「脳が過活動」を起こしているからなのです。

 「過活動」を起こしていると,次々と否定的なことが湧いてきて,脳がそれを現実化していく。
 
 不幸なことが次から次へとおこり,自分にとってとても生きづらい世界が出来上がってしまいます。

 では,どうすれば,そんな状態から抜け出せるのか?
 具体的な方法を示したのが,今回ご紹介する本著「それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる! 」になります。

 
 脳の過活動とは,トラウマになるようなショックな出来事から始まります。
 
 ショックな,といっても,赤ん坊にとっては,ちゃんと面倒を見てもらえなかった,といったことも 死の恐怖として感じられますので,多くの人にとって実は当てはまる問題です。
 私たちの脳は,実は過活動を起こしているのです。


 トラウマ的な出来事に関わる恐怖というのは、死に相当するような強力な恐怖です。
 あまりにも大きすぎて自分では感じることができない。
 心の根底にあるもので、あまりにも大きく強いために,
 その恐怖を回避するために、脳は、別の恐怖を創りだそうとします。

 たとえば、「蔑まれる恐怖」ということが根底の恐怖だとするとそれらを回避するために、
 対人恐怖や視線恐怖といった二次的な恐怖を生み出し、それらを感じることで、巨大な根底の恐怖を回避しようとします。
  
 人間の恐怖は、回避するとさらに強大になります。
 回避するために生まれた二次的な恐怖に関われば関わるほど、根底の恐怖は強まり、それらを回避するために、次から次と二次的恐怖が生成されていきます。

 私たちが普段感じている悩みとは、実は,根底の恐怖を回避するために脳が生み出した幻想、二次的な恐怖なのです。

 二次的な恐怖はいくら対処しても,根本的な問題解決にはつながりません。
 次から次へと湧いてきますし,対処している事自体が“回避”になっていることも多いのです。
  
 これまでは、トラウマを解消すれば、根底の恐怖も消えるのではないか、
 と考えられていました。
 しかし,トラウマ治療が一段落しても、刺激を受けるとクライアントたちは解離してしまって,現実の出来事に対処できなくなっていることが著者の実験の結果明らかになったのです。

 トラウマが消えても、脳の過活動が残っていることがわかったのです。

 脳の過活動が残るとどうなるかというと、
 普通の人は、緊張すべき時に緊張し、そうではない時は何も考えずにリラックスしています。
 しかし,トラウマに苛まれてきた人は、緊張すべき時に解離して無緊張に、何もないときは緊張が高くリラックス出来ていないのです。

 なぜかといえば,それは「根底の恐怖」が残っているから。

 トラウマの記憶が消えても、根底の恐怖が残り、回避をし続けていることがわかったのです。
 頭は活動を続けるために、ぐるぐると嫌なことばかりが浮かんできます。


 では,どうすれば根底の恐怖を取り除くことができるのか?  

 この本では,人間の恒常性機能と催眠に着目しています。

 人間には,恒常性維持機能があるため,
 恐怖を避けずに直面していると,身体は恐怖を収めていってくれるのです。

 恐怖と向き合うことができれば,解決が自然と可能になる。

 しかし,根底の恐怖そのものは感じることが出来ません。
では,どうすればいいのか?

 実は,簡単な方法があるのです。
 それは,「〇〇の恐怖」を7回唱える。

 たったこれだけのこと。
 たったこれだけのことで,根底の恐怖が消えていくことがわかったのです。
  
 身体のメカニズムですが,恐怖に浸ることができれば,恐怖は収まっていきます。
 根底の恐怖を言葉で唱えることで暗示によって,私達は催眠状態に入ります。

 そうすると,感覚的には恐怖は感じていないが,
 「〇〇の恐怖」と唱えると,その恐怖に浸ることができる。

  それによって,身体に恐怖に浸っていることを伝えて,その恐怖を収めていってくれるように仕向ける,ということなのです。
  (暴露療法の理屈にある意味似ていますが)

 眼を開けながら,繰り返し唱えていくことで,過活動が収まってきて、2ヶ月程度でさまざまな悩みが消え去り、頭の中が“凪”のような状態になります。  

 これまで脳が余計なことをしてきて、不幸を増産していたので、過活動が収まることで、人によっては、不思議なことが起きるようになります。良いことばかり起きるようになったり、嫌な人がやさしくなったりします。環境が変わってきます。

 私も自分で試してみて経験がありますが,
本当に,自分のリアリティ全体が変わる感じがします。
単に症状がどうのこうのといったレベルではない。
すごいことが自分には起きている,ということがわかります。

 脳のコンディションを整えるということは,他の療法ではありえない方法です。
でも,FAP療法は,それを可能にする方法を見出した。

「これは、失職の危機だ!」

 とは、書籍に書かれている方法(“根底の恐怖に浸る”)が生み出された時の著者の発言です。

 「カウンセラーの仕事がなくなってしまうかもしれないくらい」強力な方法だという意味だそうです。


皆様にはぜひお読みいただきたい本です。


大嶋信頼「それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる! 」

トラウマちゃんのせいかも?

 

※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。 

・悩みの原因や治し方についてさらに知るために無料メルマガを購読する

●お気軽にご相談、お問い合わせください。

 当センターは、トラウマケア専門のカウンセリングセンターです。当センターでは、カウンセリングをこれからご検討される方向けに「事前相談(無料)」を行っております(40分まで)。

 事前相談では、カウンセラーがお話を伺いし、専門知識に基づき、原因や解決策についての見立てや解決の見通しなどをお伝えさせていただきます。カウンセリングを検討するにあたり、ご不安なこと、お知りになりたいことをご確認いただけます。お悩みの方、腰を据えて解決に取り組みたい方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

<事前相談やセッションをご希望される方は、下記の手順でお問い合わせください>

1.まず、当センターの特徴をご確認ください。
  ⇒当センター(B.C.C.)の特徴の概要についてはこちら
2.次に、ご予約をお取りさせていただきます。お電話、あるいは下記の問い合わせフォームから必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

 以上でお申し込みは完了です。

 ※事前相談(無料)では、電話、スカイプにて行っております。事前相談では、アセスメントやご相談のみとなり、カウンセリングやトラウマケアは行いません。
 ※事前相談と初回セッション(FAP療法、有料)を併せてご希望の場合は、弊社カウンセリングルーム(大阪心斎橋)か、電話・スカイプかお選びいただけます。電話、スカイプでもカウンセリングの効果に差はございません。

申し込み

 お電話でもお問い合わせ、ご予約いただけます。

●Facebookでもご購読いただけます。

 

・この記事をシェアする。


mautic is open source marketing automation