日本ブリーフサイコセラピー学会に行ってきました。

日本ブリーフサイコセラピー学会に行ってきました。

[書籍の紹介、学会、研修会などの報告]


 

週末に、日本ブリーフサイコセラピー学会に行ってきました。
今年は駒澤大学での開催でした。

参照)「日本ブリーフサイコセラピー学会 2013年」

 

日本ブリーフサイコセラピー学会

 

私は、FAPの大嶋先生と、東大の森俊夫先生の発表とシンポを拝聴させていただきました。
森先生は、医師など臨床家の他の先生達が、森先生に質問するという形式のモノで、なにかまとまりがある内容ではないのですが、カウンセラーのトレーニングについてや境界性パーソナリティ障害などについて触れられていました。

大嶋先生は、どう思われるかといったことを怖れずに、クライアントの解決,心の深層の解明にむけて果敢に取り組む姿は、本当に素晴らしいなと思います。

今月末にはFAP上級のセミナーがありますので、そこで、最新の成果をキャッチアップしていきたいと思います。

⇒「“FAP療法”とは何か?トラウマや難しい悩みを解決するための療法

 

 

参照)「日本ブリーフサイコセラピー学会」

 

 

 

<作成日2015.10.20/最終更新日2019.9.4>

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

 

この記事の執筆者

みき いちたろう 心理カウンセラー

大阪大学卒 大阪大学大学院修了 日本心理学会会員 など

シンクタンクの調査研究ディレクターを経て、約20年にわたりカウンセリング、心理臨床にたずさわっています。 プロフィールの詳細はこちら

<記事執筆ポリシー>

 管見の限り専門の書籍や客観的なデータを参考に記述しています。

 可能な限り最新の知見の更新に努めています。

 

悩みの原因や治し方についてさらに知るために無料メルマガの購読はこちら

●お悩みについてお気軽にご相談、お問い合わせください

 ”トラウマ”とはストレスによる心身の失調のことを指します。私たちは誰もが影響を受けているといってよいくらいトラウマは身近なものです。※トラウマを負うと、うつ、不安、過緊張、対人関係、仕事でのパフォーマンス低下、身体の不調、依存症、パーソナリティ障害などさまざまな問題を引き起こすことが分かっています。

 ブリーフセラピー・カウンセリング・センター(B.C.C.)はトラウマケアを提供し、お悩みや生きづらさの解決をサポートしています。もし、ご興味がございましたら、よろしければ下記のページをご覧ください。

●Facebookでもご購読いただけます。