「精神疾患」と「精神障害」との違い

「精神疾患」と「精神障害」との違い

[精神障害とは何か?]


「精神疾患」と「精神障害」の違い

 

 「精神疾患」とは、脳の器質的な異常などによって生じたもので、医学的な治療が必要なものを指します。

 一方、「精神障害」とは、機能不全を伴う悩みであり、社会的に構成されるものとされます。つまり、文化や価値観によっては悩み、機能不全とは見なされなくなる(感じなくなる)ものです。カウンセリング、心理療法などで扱われます。

 

 ⇒関連する記事にご興味がおありでしたら、下記をご覧ください。

  「精神障害における「障害」という概念について」

 

 

 

 

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

悩みの原因や治し方についてさらに知るために無料メルマガの購読はこちら

 

 

●お悩みについてお気軽にご相談、お問い合わせください

 ”トラウマ”とはストレスによる心身の失調のことを指します。私たちは誰もが影響を受けているといってよいくらいトラウマは身近なものです。※トラウマを負うと、うつ、不安、過緊張、対人関係、仕事でのパフォーマンス低下、身体の不調、依存症、パーソナリティ障害など様々な問題を引き起こすことが分かっています。

 ブリーフセラピー・カウンセリング・センター(B.C.C.)はトラウマケアを提供し、お悩みや生きづらさの解決をサポートしています。もし、ご興味がございましたら、よろしければ下記のページをご覧ください。

●Facebookでもご購読いただけます。

 

 

・この記事をシェアする。


mautic is open source marketing automation