悩みの原因や解決方法

あなたの苦しみはモラハラのせいかも?<ハラスメント>とは何か

[「モラルハラスメント」の原因と解決法「生きづらさ」の原因と治し方「トラウマ、PTSD」とは何か?悩みの原因や解決方法]


 

 現代の悩みを理解、解決するためには<ハラスメント>という概念を知る必要があります。<生きづらさ>とならび臨床における最も重要な概念と行っても過言ではないものです。できるかぎり多くの人に知っていただきたいと思いまとめてみました。※<ハラスメント>概念の整理については、安冨歩・本條晴一郎「ハラスメントは連鎖する」に多くを負っています。

 よろしければご覧ください。

⇒関連する記事はこちら

 「モラハラへの対策、治療のために知っておきたい6つのこと

 「あなたが生きづらいのはなぜ?<生きづらさ>の原因と克服

 「3つの真実~「虚無」「支配者」「光の人」、私たちを分ける3つのタイプ

 

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

 

 

モラルハラスメントとは何か?

 本記事で紹介する<ハラスメント>とは、基本的にはモラルハラスメントを指しています。<ハラスメント≒モラルハラスメント>です。
 モラルハラスメントは、1998年にフランスの精神科医のイルゴイエンヌによって、その実態をまとめた書籍が出版されたことがその始まりとされます。


 「モラルハラスメント(モラハラ)」として言葉は広く知られるようになりましたが、誤解も多い概念でもあります。例えば、「モラルハラスメント」については様々な書籍が出版されていますが、そこで扱われているのは事例集でしかありません。事象を分類した程度になってしまっているものがほとんどです。
 よくあるのは、ひどい夫や妻の例を出して、やり口を分類しているものです。職場で起きるものは「パワーハラスメント(パワハラ)」とされますが、労務管理的な問題とされたり、少し矮小なニュアンスとなってしまいます。

 <ハラスメント>とはもっと大きな概念になります。

 最もすばらしいものは、東京大学の安冨歩教授らの研究です。「魂の脱植民地」というプロジェクトで、東大や阪大など様々な研究者が参加しています。

 <ハラスメント>というのはその特性として把握されづらいものなのですが、それを体系づけた功績はとても大きいと思います。また、大学の研究者がこうした問題を扱い、研究していることにも驚きです。

 <ハラスメント>は、実際に当事者として経験し、さらに外部化・相対化し、その存在を自覚しないと見えないものです。また、自分だけではなく、同じ苦しみを持つ人がある程度周囲にいてはじめてとらえられるという性質のものです。

 なぜなら、「世の中は理不尽なもので、そんなこと当たり前だよ」というような人に囲まれていたりしたら、<ハラスメント>に対する違和感は容易にごまかされてしまうからです。<ハラスメント>において重要な事は、そのコミュニケーションに織り込まれた巧妙な支配のメカニズムにあるのです。そのことを安冨教授は明らかにしています。

 そして、その土台となっているのは、文化人類学者のグレゴリー・ベイトソンのダブルバインド理論、精神科医のアルノ・グリューンの「自分に対する裏切り」、心理学者のアリス・ミラーの「闇教育」になります。

 さらに、<ハラスメント>研究の進展と並行して、心理カウンセラーの大嶋信頼氏が、臨床の中で、「支配者」という人間の存在を明らかにしたこともとても大きな功績です。ある種の人たちが周囲の人間を支配してしまっている事実を白日のもとに晒しました。「支配者」という概念を踏まえると臨床でも全く異なったアプローチとなります。逆に知らなければ、支配によって精神障害を起こしていることがわからなかったり、といったことが生じます。⇒「 「3つの真実~「虚無」「支配者」「光の人」、私たちを分ける3つのタイプ」」

 ここ数年で、<ハラスメント>について様々なことが明らかになってきています。ブラック会社というような、会社そのものが<ハラスメント>によって社員を支配、搾取していることが糾弾されるようにもなりました。一人では気づくことが難しいことを考えると、世の中の流れが異常な状態から抜けだそうとしていることの現れなのかもしれません。

 

 ”<ハラスメント>の発見”は単なる個別の悩みの解決にとどまりません。私たち人間にとって心のままに生きていくために、エポックメイキングといっても過言ではないくらい重要なことです。

 

 

<ハラスメント≒モラルハラスメント>とパワハラ、セクハラなど個別のハラスメントとの関係

 <ハラスメント>とは、様々な手段によって他者の人間性を貶めて支配することをまとめた大概念です。「モラルハラスメント」とほぼ同義の概念です。現れる場面や手段によって、「パワハラ」「セクハラ」「アカハラ」個別のハラスメントとしてあらわれます。

 <ハラスメント≒モラルハラスメント>⇒現れる場面や方法によって「パワハラ」「セクハラ」「アカハラ」と呼ばれる、といったようにご理解いただけるとわかりやすいかと思います。

 

 

 

モラルハラスメントのメカニズム

※以下の内容は基本的に安冨歩教授の研究に則ってまとめています。

ダブルバインドというコミュニケーションパタン

 生きづらさの根源ともなる<ハラスメント>ですが、その土台にあるのは、ダブルバインドというコミュニケーションの仕組みです。

 

ハラスメント、ダブルバインド


 ダブルバインドとは、グレゴリー・ベイトソンによって、1956年に明らかにされたコミュニケーションパタンのことです。ベイトソンは、ダブルバインドが統合失調症の原因であるとしました(現在は、統合失調症の直接的な要因とはされていません)。



 ダブルバインドは、下記のような仕組みでできています。
噛み砕いて説明させていただきます。

1.ネガティブな意図(悪意、イライラなど)をもって
2.相手に対して禁止や、否定的なメッセージ(第1のメッセージ)
 
   ↓受け手は違和感を感じる。

3.2.と矛盾する、あるいは隠蔽するメッセージ(第2のメッセージ)

   ↓受け手は混乱。自分の感覚を疑ってしまう。

 ※1~3まででも十分にダブルバインドになります。

4.この状況から逃げてはいけない。あるいは、人に言ってはいけない、というメッセージ(第3のメッセージ)

5.このような理不尽な状況は当たり前で、世の中はそういうものだと思い込む。※周囲のリアリティが、その理不尽さを当たり前としている、とさらに促進されます。※相談された時に、理不尽さを肯定したり、受け手にも悪いところがある、自分の責任、喧嘩両成敗というような回答をすることを「セカンドハラスメント」(第4のメッセージ)といいます。


 このようなプロセスになります。こうした矛盾したメッセージを入れ込まれると、人間は混乱して、身動きが取れなくなってしまうのです。



例えばこんなことです。
親と子どもの例です。

1.親がイライラしている。
2.家で遊んでいる子どもを「勉強しなさい」と叱りつける。

  子どもは、なんで遊んでいけないのか?と反論する
  (違和感)

3.「あなたの為を思って行っているのよ」(隠蔽するメッセージ)と伝える。
 
  ※子どもは混乱する。直感では、親は自分のイライラをぶつけているだけと思っているから。

4.「勉強しなければ、夕飯抜きよ」(この状況から逃げてはいけない)

  ※子どもは、不満を感じながらも、自分が悪いと思ってしまう。

5.他の子に聞くと「みんなそうだ」と答える。
  理不尽を当たり前と思ってしまう。

  ※自分が悪い子、という状況ができあがる。

 


もう一つ別のケースです。


1.上司が部下をコントロールするなどネガティブな意図を持っている
2.部下を理由をつけて叱りつける。
  ※この時、理由はどうとでも解釈できる曖昧なものです。
 
  部下は、仕事の仕方はいろいろなので、たしかにそうかもしれないけど、叱られるほどでもないと納得がいかない感じ。

3.「お前は自分がおかしいことがわからないのか?」
  と部下の感覚を否定し、裏の意図を隠蔽するメッセージを発する。
  
  ※部下は混乱する。

4.「このことがわからなければ、いつまでたっても成長できないぞ!」
  「逃げちゃだめだ」

  ※混乱状況から抜け出すことを禁止され、さらに混乱状況に陥らされてします。

5.理由が見当たらないので
  他の人に相談したら、
  「あなたの態度に何か問題があったんじゃない?」
  「会社ってそういうもんだよ」

  ※自分がおかしい、という状況の完成。
   これが繰り返されることで、部下は自分の感覚を信じることがだんだんできなくなり、上司の基準を正解として支配されてしまう。



 「えっ、そんなことがダブルバインドなの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか? その通り。安冨教授は、「社会は、<ハラスメント>でできている」とおっしゃっているくらい、あちらこちらに溢れているのです。

 「こんなこと当たり前と思っていた」と思うかもしれません。当たり前と思う人は被害者でありながら、加害者、つまりハラッシーハラッサー(ハラスメントを仕掛けられた結果、他者にハラスメントをするようになること)となって、他人に同じことをしてしまいかねません。


 ダブルバインドの何が問題かというと、人間には【本来の自分】【実存】とでもいうような部分がありますが、ダブルバインドを仕掛けられると、自分の感覚を疑うようになり、自分を信じられなくなってしまうことです。まさに、魂が殺されてしまうのです。

 拠り所を失った人間は、外部の規範や、他者に依存するようになります。幼いころにそうしたことが起きると、大人になってからもモラハラを受けやすい人間になります。さらに悪い事には、<ハラスメント>を受けておかしくなっている自分を正当化するために、他者を「お前は礼儀がなっていない」といって叱りつけるなど、今度は<ハラスメント>を行うようになるのです。

 ダブルバインドとはこうしたプロセスを言います。目に見えにくいですが、私たち人間に重大な影響を与えているのです。

 

 

「本来の自分」との断絶

 人間というのは、白紙のままで生まれてくるわけではなく、生まれた時点で豊かな人格の原型を備えて生まれてくることがわかっています。生まれた時点で備えている【本来の自分】とでも言うべきものです。

 その【本来の自分】が【外部世界】とコミュニケーションを取る中で、外部世界と自分との間を媒介する【インターフェース】を発達させていきます。その過程のことを「学習」といいます。

 私たちは、【本来の自分】に備わる感情、情動を基盤として、【外部世界】とのコミュニケーションを常に取りながら、「学習」することで【インターフェース】を組換え、成熟させながら人生を生きていくのです。本来の子育てとは、親がコーチのように子どもが【本来の自分】の感覚を信頼し、認識できるようにサポートしていくことです。

 例えば、子どもがムズかっているとします。【本来の自分】は「疲れた」と感じています。

 親は、「どうしたの、お腹減っているの?」というと、子どもは、泣き止みません。

 次に、親が、「眠いの?」というと、子どもは、泣き止みません。

 親が、「疲れたの?」というと、
 子どもは自分の感覚と合っていることを感じてうなずき、ムズかるのをやめます。

 子どもは、「この感覚は疲れているということなんだ」ということを学習し、自分の感覚(【本来の自分】)を信頼できるようになります。【インターフェース】が発達し、次からは「疲れている」ということを正しく認識し、周囲にも伝えることができるように徐々になっていきます。

 【本来の自分】との信頼関係が「愛着」というものになり、コミュニケーションの基盤、安全基地になります。【外部世界】との間で孤立することがあっても、【本来の自分】の感覚を頼りに学習することができるので適切に対処することができます。

 しかし、もし親がムズかっている子どもに対していきなり叱りつけたらどうでしょうか?あるいは、「眠いんでしょ!寝なさい」「あなたはいつもそうね。いいところでムズかってややこしい子どもね」といった対応をしたらどうなるでしょうか?

 子どもは、自分の感覚を正しく感じることができなくなります。逆に、「疲れている」という感覚を「ややこしい自分の癖」といったような誤った結びつけをするかもしれません。「疲れている」自分の感覚を信頼することができなくなります。
 
 そうしていると、【本来の自分】との間の【インターフェース】が適切に発達しなくなり、【本来の自分】とのコミュニケーションが断絶するようになってきます。【本来の自分】よりも、親の言うことを正解として生きるようになってきます。
 
 能力のある子であればあるほど、頑張って「いい子」としてしばらくは過ごせるでしょう。しかし、基盤となるはずの【本来の自分】への信頼がなく安全基地がないまま育っていくので、【インターフェース】の発達に必要な学習がうまくできなくなります。当然、コミュニケーションも不自然になります。

 

断絶のイメージ

 

 

パッケージ化された【インターフェース】の強制

 ベイトソンは、ダブルバインドの結果、

 言葉に表されていない意味にばかり偏執する(妄想型)
 言葉の文字通りの意味にしか反応しなくなる(破瓜型)
 コミュニケーションそのものから逃避する(緊張型)
 といいました。
 このパターンが全てかどうかはわかりませんが、様々な不具合が生じてきます。

 子どもはその不具合を避けるために、本当であれば【本来の自分】とのつながりを回復する必要があります。
 しかし、【本来の自分】を押し殺すようにして育てられたため、適切な対応を取ることができず、むしろ、パッケージ化された【インターフェース】を無理やり当てはめるようになります。

 パッケージ化された【インターフェース】とは何かというと社会や周囲から見て「望ましい人間」という既製服のような価値観や人格を自分のものとしてしまうことです。

 「良い子」
 「勉強のできる子ども」
 「仕事がデキる人」
 「完璧な主婦」
 
などなど
まさに、偽りの自分を自分として生きるようになります。

 ただ、これでも、現実にはうまく対応できません。なぜなら、現実は常に千変万化していくので、既製服では対応できるはずもありません。学習が必要なのですが、既製服の固まった姿に阻まれ、うまくいきません。

 そうするとどうなるかというと、外側にある規範、あるいは支配的な人物に過度に依存するようになります。自分ではうまく学習できないので、外側にあるルールに過度にしたがって生きるようになります。「礼儀」「マナー」「道徳」「教義」「評価」といったものです。

 本来の教育や子育てというのは、【本来の自分】との信頼関係ができるようにそっとコーチングするものであって、【本来の自分】を野蛮、未熟として否定したり、パッケージ化された【インターフェース】を強制するものではありません。

 子どもというのは、生まれた時点で独自の人格を備えて生れてくるわけですから、他者が立ち入ることなど本来はできません。しかし、「子どもは我欲の塊」「しつけなければ何をするかわからない」というようなドグマがまだまだ支配的であるため【本来の自分】を殺してしまうような子育てや教育が横行してしまっています。

 そうした子育てや教育は「闇教育」と呼ばれています。アリス・ミラーやアルノ・グリュンらが批判しているものです。彼らは、後者の意味での「しつけ」や「教育」は必要ない、といっています。厳しくしつけられた人格の代表格が、ユダヤ人虐殺を指揮したアイヒマンをあげています。

 アイヒマンは残虐な性格というわけではなくごくごく平凡な男性でした。サラリーマンの事務仕事のように、ユダヤ人の虐殺を忠実にこなしていました。虐殺に対する違和感や自分の実感というものは殺し、ナチス党内の評価や教義に忠実だったわけです。裁判でも、ただ命令に従っただけ、という主張を繰り返しました。彼が血色を変えたのは、裁判官に規律していないことを咎められた時だといいます。つまり、外的規範に沿っていないことについては過度に反応しますが、自分の感覚とのつながりは希薄な、まさに魂を殺された状態であったわけです。

 <ハラスメント>は、まさにダブルバインドを用いて、魂を殺してしまいます。

 

 

パッケージの「内面化」による【本来の自分】からの断絶

 人間は成長の過程で、本来であれば【本来の自分】と【社会】との間にコミュニケーションの出入口となる【インターフェース】を作ります。【インターフェース】とは、コミュニケーションの取り方、情報の取捨選択の方法など、関わり方、付き合い方を身につけるということです。教育や、躾、というと、決まった型やパッケージを教えこむと思い込んでいるケースが多いのですが、それは本来のものではありません。

大切なことは、
 1.【本来の自分】との信頼関係を作る(安全基地を作る)
 2.【インターフェース】を育む(つきあい方を学ぶ)
ということです。


 しかし、多くの場合、社会の規範や、親の言うことをパッケージとしてそのまま「内面化」してしまう。「内面化」というのは、規範やルールを自分のものとして受け入れる、ということです。

 社会に出るためには当たり前だろう、と思うかもしれませんが、非常に危険なことで、その規範が特定の個人から発せられるとしたら支配されることと同義と言えます。

 規範やルールを学ばなければ、原始人のようになってしまうのではないか、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。本来、社会化するというのは、ルールを内面化することではなく、「社会との付き合い方」を学ぶことであり、自分の判断でルールを取捨選択できる、ということです。そのまま受け入れて、自分のものとする必要はないのです。

 もし、万一、型を学ぶ過程でパッケージをそのまま受け入れる必要があったとしても、それは、パッケージを受け入れっぱなしにするのではなく、インターフェースが構築されたら、パッケージは相対化して手放すことが必要です。人間の場合、社会との付き合い方を親を鏡として親を通じて学ぶわけですが、反抗期にそのパッケージを手放して、自立していくわけです。

 ただ、多くの場合、親の考え方をそのまま受け入れることを強要されたり、親の考えをそのまま受け入れることが「素直な子ども」であり「親孝行」であると思わされてしまいます。そうすると、なぜだかわからない生きづらさに苦しむことになります。

 なぜならパッケージをそのまま受け入れると【インターフェース】が育たなくなります。付き合い方を知り自分で判断できる人間になるのではなく、柔軟さのないマニュアル人間になるわけですから。

 また、パッケージをそのまま受け入れるということは【本来の自分】を信頼できなくなり、自分の感覚や土台がわからなくなります。自分の力で社会と付合えない、自分を見失うことになるわけですから、不安定になるのも当然です。なぜかわからないが生きづらい場合の原因の一つはこうしたメカニズムにあります。

 しかし、本人は原因がわからずに、目の前にある仕事で失敗する、人間関係で失敗することを解決しようと努力をし始めて、跳ね返されて、自信を奪われボロボロになります。

 「内面化」は、幼いころにトラウマを背負わされた人、不安定型愛着の人は、より強く生じます。トラウマになると脳が過活動を起こして、すぐに解離してしまうようになります。検索エンジンのクローラーのように、いつも頭がぐるぐる回っていて、人のことを考えまくっていますから周囲の人の考え、感情、価値観を「内面化」して自分のものとしてしまいます。

 その中でも一番考えさせられるのは親のことです。
ある人は、親に対して強い罪悪感を感じてします。
ある人は、親に対して怒りを感じてしまう。
自分にとっての善悪の基準として埋め込まれてしまっているからです。
だから、いつも親が頭に浮かんでしまい、「内面化」されたパッケージが抜けずに支配され続けてしまうのです。
 モラルハラスメントの背後には、「内面化」というメカニズムが潜んでいるのです。

 

 

 

家族(親、妻、夫)からの支配(モラハラ)

居場所と絆と家族のイメージ2

 家族(親、妻、夫、あるいは彼氏彼女)が“支配者(ハラッサー)”である場合、どのように支配されてしまうのかについても、<ハラスメント>のメカニズムを知るとわかります。

 まず、愛着の土台を2つのパターンで骨抜きにします。
 その2つとは、

 1.愛着(【本当の自分】への信頼+家族への信頼)を妨げてしまう。
 2.家族への依存だけを形成させ、【本当の自分】との信頼形成を妨げる。


 です。

 1つ目の「1.愛着(【本当の自分】への信頼+家族への信頼)を妨げてしまう。」は文字通り、理不尽なコミュニケーションによって【本来の自分】との信頼関係を作らせません。本人の感覚を徹底的に否定するようなコミュニケーションを取ります。

 例えば、「眠い」から泣いているのに、「わがままな子ども」だとして叱りつける。あるいは、別のことを押し付ける。親がもつネガティブな意図に気がついても、のらりくらりとごまかしたり、さらに「ひねくれた子ども」だとしてその感覚を否定する。

 もっと直接的に暴言を浴びせ続けたり、というケースやほとんど構わないケースも多いです。そうすることで、愛着の土台の形成を妨げてしまいます。非常にオーソドックスなケースです。


 もう一つ目は、「家族(親、夫、妻)への信頼だけを形成させ、【本当の自分】との信頼形成を妨げる。」です。直接的な暴言とかはないのですが、巧みな<ハラスメント>的なコミュニケーションによって、自分の意に従わせているケースです。

 ネガティブな意図を隠したまま、そして、善悪の基準は家族が握ったままで本人の感覚を否定したり、混乱させるメッセージを投げ続けます。

 例えば、親は表面的には、非常によく子どもの面倒を見ていますので、親に対する信頼はあります。しかし、子ども自身は【本当の自分】との信頼はありません。なぜなら、【本当の自分】を信じないように仕向けられてきたからです。

 そのため、常に、親が頼りで親が基準です。

 世間から見たら、親とも仲がいいし、親を大事にするし、良いことのように見えますが、本当は親から支配されています。【本当の自分】との信頼関係という土台がありませんから、実は非常に不安定なのですが、親という見せかけの安全基地があるために表面化しないだけの状態です。

 後者のパターンの場合、愛着障害とは気が付きにくく、本人も支配されているとも思っていません。しかし、よくよく見ると、自信がなく、親の意に沿った人生を歩まされているということになります。また、よくわからない生きづらさや不安を感じたり、といったことも多いです。

 支配というと、何か激しいもの、暴力的なものというように思われるかもしれませんが、生後1歳半までの間に【本当の自分】との信頼関係づくりを妨げれば、あとは、<ハラスメント>的なコミュニケーションで日々ダブルバインドを仕掛けていけば紳士的に支配することができるのです。

 後者のケースなどは、体調を崩すなどをきっかけに本人が気がつき、専門家の助けがないとなかなか抜け出せないかもしれません。

 

 

 

職場での支配(モラハラ、パワハラ)

職場、仕事のイメージ

 最近ブラック会社などの指摘で注目されていますが、会社という空間は、<ハラスメント>が生じやすいといえます。

 会社や上司から<ハラスメント>されやすい、支配されやすいのは、会社がそもそもある種の目的や考えを共有する閉鎖的な集団だということがあります。そのために価値観が偏りやすい。仕事における正解などはないのですが、これが正しいと思い込む人も多い。仕事の仕方だけであればいいのですが、人間性に立ち入ってくる過剰な関わりが起きることもしばしばです。

 新卒であれば、はじめて就職する職場とは新しい世界にデビューすることであり、上司や職場は第二の愛着形成の場でもあります。上司や会社は社会人の自分にとっての親のような存在でもあります。そこで伝えられるルールや規範はその後の社会人生活の基盤となるものです。

 そのために相対化しにくいし、少々の理不尽にも耐えないといけないと考えて、ついつい従ってしまいます。中途の場合でも、できるだけ職場に馴染もう(郷に入っては郷に従え)という考えをもつ真面目な方ほどそうした傾向はあるかと思います。

 ブラック会社などが問題になりますが、どうしてそんな会社がはびこるのかということの背景の一つには、真面目な社員ほど<ハラスメント>が目に入らない、相対化しにくいことがあります。

 おかしな環境からは「立ち去ること」がまず一番の対策になりますが、仕事を変わる辞めることには経済的な制約もあります。また、自分の存在価値をかけて仕事に取り組んでいますから、余計にその場から去りにくい。

 さらに、日本においては体育会系の根性論のような考えをもつ職場も多い。特にベンチャー企業などで、社員の「やりがい」や「理想」「夢」というものを意図的にコントロールするという仕掛けが見られることも、ジャーナリストや社会学者などによって指摘されています。
 もちろん、会社がやりがいを引き出そうとすることは良いことです。ただ、それが仕事の過度な負担や過酷な環境に声を上げることを妨げるようになるのであれば問題です。

 よくあるのは理念を掲げることで、社員をモチベートしながら、結果として不満が表面化しにくい雰囲気にしていたり、ということがあります。理念があるのは良いことかもしれませんが、理不尽なことや環境が悪いことへの不満についても、すべて理念を盾に取られて跳ね返されているのであれば、まさに<ハラスメント>になります。

 例えば社員の心得として
 「愚痴を言ってはいけない(愚痴を言うのは後ろ向きなことだ)」
 「言い訳してはいけない(声を上げるな)」
 「環境のせいにしてはいけない、全て自分の選択だ(会社のせいではない)」

 といったことが刷り込まれます。
 経営者や会社はある意味言い訳し放題なのですが、社員は許されません。

 エントリーマネジメントというそうですが、入社段階で環境の厳しさについても表面的に同意させます。そうして入社してから文句を言い難くさせます。「入社の時に同意して入ってきたのだろう?合わなければそもそも入らなければよかったんだ」(採用時は立場も弱く入社時に全てを確認できるわけでもなく、入社=全てに同意、ではないのでこの論法はおかしいのですが、社員の立場では声を上げることは難しい。)

 さらには、「逃げるな。辛いことから逃げる奴は負け犬だ」という事も言われます。

 お気づきと思われますが、これらはダブルバインド理論がそのまま当てはまります。こうして、【本来の自分】との信頼関係を断たれてしまって、心身が悲鳴を上げるまで働かされてしまうのです。あるいは、仕事ができない奴、段取りが悪いやつとレッテルを貼られて人格を否定されるように詰められ、追い込まれていくのです。

 本来は、人間というのは非定型なもので、考え方、物事の取り組み方などは多様ですから、一つのものさしで測れるものではありません。そうであるにもかかわらず、上司や会社から評価され人間性を否定されてしまいます。

 最近、カリスマ社長の言動が取り上げられブラック会社だと批判されましたが、行っていることを見るとダブルバインドそのものといえます。そもそも創業社長には自己愛性気質の人が多いと言われていますが、自分の考えには変更の余地はないと思っています。その中で、自分の常識を社員に押しつけて、違和感を感じて逃げる人は「夢から脱落した人」という意味付けをして、残る社員を縛り続けます。

 こうしたことに違和感を持つ人はそもそも入社しないし、静かに立ち去ります。しかし、違和感を感じない人がいます。特に、まじめな人ほど頑張ろうとします。

 そんなこと、会社だったらよくあることでは?
 程度の差はあれ、仕事とは理不尽なものでは?
と考えていると、理不尽に声を上げることができずに利用されてしまう。
自分自身がセカンドハラスメントを仕掛けさせられているようなもので、違和感を持った人とも手を取り合うことができません。相談する相手も同じ考えだと、お互いが苦しめ合うような構図です。

 やりがいを持って働くのは良いことだし、他人がとやかくいうことではないと思うところですが、ただ、そのやりがいが他人によって意図されたもの、同調圧力によるものであったらどうでしょうか?果たして本人が選んだものといえるでしょうか?

 特にブラック会社などは、意図してやりがいを設計して、綺麗な理念で隠蔽させられていることが多いです。あるいは、ブラックな上司の場合は、職場での善悪の基準を自分の思い通りの位置に設定して周囲の実状に合わせることをしません。基準をずらし続けて、指摘を逃れて、違和感を感じる相手がおかしいことにしてしまいます。

 こうしたことは、証拠を捉えにくく、告発したくても<ハラスメント>の受け手は容易に言語化できません。そのために、いくら努力しようと頑張っても満たされることはなく、頑張れば頑張るほど【本来の自分】の望むところからは逆に遠ざかってしまうようになるのです。

 

 

 

ハラスメントは拡散する

モラハラ、ハラスメントのイメージ

 世の中には、礼儀にうるさい人や自分の仕事の仕方、振る舞い方、食べ物の食べ方に至るまでそれを正しいものとして他人に押し付けようとする人がいます。

 「社会人としてはこれが常識だ」 
 「鍋の食べ方はこうだ」
 「恋人とはこう振る舞うものだ」
 などなど、

 そして、その人の基準に達していない人に罪悪感、劣等感を植え付けていきます。罪悪感を植え付けるのは効果的に自分に従わせることができるからです。
 
 本当に鬱陶しいなと感じるかと思いますが、実はこの人達は、<ハラスメント>の被害者(加害者)でもあるのです。
 
 なぜかというと、<ハラスメント>の性質として、<ハラスメント>を受けた人が今度は<ハラスメント>を行う側に回らされてしまうからです。礼儀にうるさい人、というのは、成長する中で受けた理不尽を正当化するために、他人に対して理不尽の布教活動をしている人たちなのです。

 虐待した人は、虐待した側に回ると言うのは、よく言われますが「内面化」ということで説明できます。

 もともと人間は、【本来の自分】を土台として、自分の力でそれが自分に合うか合わないかを直感的に判断します。むき出しの【本来の自分】だけでは、社会とうまくコミュニケーションをとったり、【本来の自分】が伝える直感を表現することができませんから、【インターフェース】(社会との付き合い方)を育んで周囲とのやり取りを行います。

 礼儀も常識も時代とともに変わりますし、関係性、シチュエーションによっても変わります。マニュアル人間では対処できないのです。
 
 しかし、私たちが遭遇する多くの場面で日々変わるはずの礼儀や常識を固定的な聖典のようにして、一言一句そのままに内面化するように強要されることがあります。そのプロセスでは、ダブルバインドなど理不尽な振る舞いによって、【本来の自分】との信頼関係を破壊し、寄る辺を失わせて、外部のルールに頼らざるを得なくさせられます。冒頭のように罪悪感を植え付けられることもしばしばです。

 「お前は、本当にいい加減なやつだ(だから、私の伝える常識を受け入れなさい)」
 「お前は、どうしようもないやつだ(だから、私に従いなさい)」 
といった言葉(裏のメッセージ)は日常に飛び交っています。

 誰しも「礼儀や常識なんて、状況や人それぞれじゃない?」「そもそもリスペクトする気持ちが大事なんじゃない?」と直感的には思っているのですが、礼儀や常識の基準を支配する側に握られて、都合の良い位置にゴールポストを動かされて、外れたシュートを責められることになるのです。

 たとえ目上の人であっても、どんなに位の高い人であっても、礼儀というのは双方向のコミュニケーションです。礼儀や常識というのは、世の中への付き合い方、ということであって、柔軟に変わらなければいけない。それが本来の在り方なのです。関係性によって両者の持つ内面の文脈は柔軟に変更されることが前提です。

 しかし、<ハラスメント>では、支配する側は意図的に内面の文脈の変更を拒否します。なぜなら、支配する側は「自分は相手を指導する、罰する資格がある(神のような立場だ)」と思っているからです。「内面の文脈の停止」が許されていると考えているのです。そして「内面の文脈の停止」を隠蔽します。

 その時の言い訳が、
 「私は親だ。親の言うことは聞くものだ」
 「私は上司だ。上司の言うことが聞けないのか」
 「あなたは自分が変だということに気がつかないわけ?」

 これがモラルハラスメントというものです。

 昔、共産主義など全体主義の国で、反体制の人達に対して洗脳が行われていたことがありましたが、まさにそのような感じになります。疑問は受け付けられず、疑問を持つ側がおかしいとされてしまう。

 常識や礼儀が固定化されたものだとして内面化させられた人は、【本来の自分】の上に【インターフェース】と【外的規範】とを、あたかも固定された鎧のように着せられているようなものです。

 そして、本人もその理不尽さや自らの醜さに薄々気がついているのですが、そのことを見たくない、指摘されたくないので、「これがかっこいいのだ。本来の人間の姿だ」として、他人にそのまま押し付けようとしてしまうのです。

 流行と同じで、自分だけが眉毛を細くすればおかしく見られますが、多くの人が眉毛を細くすればかっこ良いものになります。ジーパンを腰ではくのも、自分だけなら単にだらしないおかしな人と思われますが、有名人がやっている、あるいは沢山の人がやっていればそれはかっこいいものになります。

 固定されたパッケージを鎧として着せられて内面化してしまった人は、できるだけ仲間を増やそうとして、それを「常識なのよ!」と押し付けようとします。規範や常識というパッケージを「内面化」してしまった人が他人にもそれを押し付けようとする、という現状にはこうした背景があります。世の中で、礼儀にうるさい人たち、というのは無意識にそうしたことを行っているのです。

 そんなことないとおもうかもしれませんが、私たちも日常的に行っています。自覚することが必要です。

 例えば、日々やりたいことを我慢している主婦が、子どもがいてもやりたいことをしている(ように見える)主婦を見て、「子どもが可哀想」「親の責任を果たしていない」として主婦仲間で陰口を叩いたり、有名な人であればインターネットなどでバッシングをしたり。

 理不尽な環境で努力して頑張ってきた人が、マイペースな人を見て、「甘えている」「仕事とはしんどいものだ」「理不尽で当たり前だ」として厳しい指導をしたり、冷たい目で見たり。

 親から過剰な躾を受けた人が、結婚してからパートナーに対して、服のたたみ方や、料理の仕方、掃除の仕方まで、細かなことをあげつらって、「お前はいい加減だ」「こんな当たり前のこともできないのか」と親から言われてきたことをそのまま押し付けたり。

などなど、枚挙に暇がありません。

 このように、<ハラスメント>は、核分裂反応のように拡散し、あたかも放射能のように次々とハラスメントの毒を撒き散らすのです。

 

⇒関連する記事はこちら

 「モラハラへの対策、治療のために知っておきたい6つのこと

 「あなたが生きづらいのはなぜ?<生きづらさ>の原因と克服

 

 

 

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

参考

イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメント」

安冨歩・本條晴一郎「ハラスメントは連鎖する」

大嶋信頼「支配されちゃう人たち」

アリス・ミラー「魂の殺人」

アルノ・グリューン「「正常さ」という病」

 

 

悩みの原因や治し方についてさらに知るために無料メルマガの購読はこちら

 

 

●お気軽にご相談、お問い合わせください。

 当センターは、トラウマケア専門のカウンセリングセンターです。当センターでは、カウンセリングをご検討されている方向けに「事前相談(無料)」を行っています(40分まで)。

 事前相談では、カウンセラーがお話を伺いし、専門知識に基づき、原因や解決策についての見立てや解決の見通しなどをお伝えさせていただきます。カウンセリングを検討するにあたり、ご不安なこと、お知りになりたいことを事前にご確認いただけます。お悩みの解決に取り組みたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

<事前相談やセッションをご希望される方は、下記の手順でお問い合わせください>

1.まず、当センターの特徴をご確認ください。
  ⇒当センター(B.C.C.)の特徴の概要についてはこちら
2.次に、ご予約をお取りさせていただきます。お電話、あるいは下記の問い合わせフォームから必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

 以上でお申し込みは完了です。

 ※事前相談(無料)は、電話、スカイプにて行っております。事前相談(無料)では、アセスメントやご相談のみとなり、カウンセリングやトラウマケアは行いません。
 ※事前相談と初回セッション(FAP療法、有料)を併せてご希望の場合は、弊社カウンセリングルーム(大阪心斎橋)か、電話・スカイプかお選びいただけます。電話、スカイプでもカウンセリングの効果に差はございません。

 

 

●Facebookでもご購読いただけます。

 

 

・この記事をシェアする。


mautic is open source marketing automation