当センターについて

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター(B.C.C)とは

 当センターは、トラウマケア専門のカウンセリングセンターです。ブリーフセラピーの中でも効果の高い手法を用いて、お悩みの解決を行っています。

 トラウマは本人が気づかないうちにさまざまな症状を引き起こします。当センターでは日常でのお悩みからうつ病、不安など精神的な不調、愛着障害、生きづらさなど難しいお悩み、吃音(どもり)といった身体に現れる疾患まで幅広く対応しています。自分らしく生きたい、仕事で活躍したい、など皆様の本来の姿になれるようサポートいたします。

 

 大阪だけではなく、電話・スカイプでのセッションも行っており、日本全国また海外からもご相談いただいております。(医療機関からも、ご紹介をいただいています。)

 

トラウマケア、カウンセリングを提供するB.C.C.の特徴

下記の特徴があります。

 

○豊富な知識、経験と詳細なアセスメント(見立て)によってあなたの悩みの原因を明らかに

 

 

 

 

  • 人間の本質を深く理解し、クライアント本来の姿を支持する姿勢(「あなたは大丈夫」&「それはあなたではない」)を土台としています。

 

 

DSM-5精神疾患の分類と診断の手引などのイメージ

 

 

 

 

○真の原因にアプローチ~本質的な改善で本来の自分になる

 

  • 当センターでは、ストレス応答系の失調、内的モジュールに働きかける独自のトラウマケア(ストレス応答系/モジュールへのアプローチ)を中心としてセッションを行っています。ストレス応答系へのアプローチ/モジュールへのアプローチはさまざまな症状に高い効果があります。

 

  • さらに、ケースによってはFAP療法も併せて用いています。※当センターのカウンセラーはFAP療法についても10年以上関わっており、そのメカニズムを深く理解した上で提供させていただいています。

 

  • 一般のカウンセリングに比べて効果的、効率的な解決を行います ※ケース(悩み深さや内容)により差があります。最短でも3カ月~半年程度は腰を据えて取り組む必要があります。

     ▶クライアント様の感想を見る

 

 

解離性障害のイメージ4

 

 

 

 

○信頼できる専門家とともに安心して取り組める環境(対面 or 電話・スカイプ)

  • 来所(大阪 心斎橋・本町)だけではなく、電話・スカイプなどで日本全国、海外からも多くご利用いただいています。約7割がお電話・スカイプでのご利用です。※電話でも対面のセッションと効果に違いはありません。

  ▶アクセスの詳細、地図、当センターへの道順はこちら
 
 
  • 女性のクライアントも多く、安心してお受けいただくことができます。

 

 

 

 

トラウマケアとはなにか

 トラウマケア、カウンセリングの詳細(内容、費用など)は下記のページをご覧ください。

  ▶カウンセリング、トラウマケアの詳細(内容・費用など)を知る

 

 

こんな方はご相談ください

 

●以下のような症状の方はご相談ください。

トラウマ愛着障害吃音(どもり)モラルハラスメント・パワーハラスメントいじめ生きづらさ、過剰適応、過緊張、あがり症、視線恐怖解離うつ病、不安(不安障害)、適応障害パニック障害強迫性障害社交不安障害(対人恐怖症)身体醜形障害依存症(アルコール依存症など)自傷行為(リストカットなど)パーソナリティ障害(境界性、自己愛性など)摂食障害(過食、拒食)、恐怖症、大人の発達障害・アスペルガー障害HSP幻聴・幻覚、統合失調症状の緩和双極性障害(躁うつ病)、心因性の身体症状(頭痛、胃痛、腰痛など)、イップス、不眠・睡眠障害、自信のなさ、人間関係ひきこもり家族関係、夫婦関係、DV・家庭内暴力恋愛仕事・職場の悩み仕事でのパフォーマンス低下、本当にやりたいこと探し など

 ※一覧にない症状でもお気軽にご相談ください。 ▶悩みの原因や解決方法をもっと知る

 腰を据えて悩みの改善に取り組みたい方はぜひご相談ください。私たちと一緒に、取り組んでまいりましょう。

 

 

クライアント様の感想

とても感じ良く、安心して相談出来る【40歳 女性 PTSD、生きづらさ】

PTSDです。長年薬物療法をしていますがそれは症状を抑えるにすぎず治療ではないのでは、そう思いカウンセリングの必要性を感じるようになりました。

プロフィールを見てみき先生に今回相談させていただきました。
生きづらさに日々悩まされ苦しみ、不安、恐怖、自信の無さ、不調...異常な人間だという思い込み。それらはきちんと原因があるんだとわかりやすく丁寧に親身になって説明アドバイス下さいました。とても感謝の気持ちで一杯です!

初めはメールや電話でのカウンセリング、相談は抵抗がありました。しかし今ではみき先生なら!また是非相談させていただきたい、そう思っています。

とても感じ良く、安心して相談出来る方たと思いました。
ありがとうございました。

とことん親身に話を聞いてくださって、アドバイス頂けました【女性 夫のうつ、浮気など】

無料相談って、どの程度して頂けるのか不安でしたが、とことん親身に話を聞いてくださって、アドバイス頂けました。

今の状況で家族として出来る対応を教えて下さったのが、1番心が落ち着きました。

また何かありましたら、宜しくお願いしますm(_ _)m

初めて自分を受け入れてくれたと感じました【40歳 女性 家族、仕事など】

何度か相談しました。毎回温かくお話を聞いてくれました。
しつこいと嫌われるとか早く解決しないと見捨てられるとか思っていた私は、何度も相談したからうっとうしい人と思われたと思い、それがまた新しい悩みになっていました。

それを話してみたら、うっとうしい人ではないと否定してくれて、初めて自分を受け入れてくれたと感じました。
これまで誰も助けてくれなかったからそういうものだと思うようにしていたけど、相談して本当によかった。

他人からみると、甘えてると思われても自分が困ってたら助けてって言ってもいいとわかったし、助けてくれる人もいるんだとわかりました。私も誰かを支えられる人になりたいと思いました。でもどうしたらいいのかわかりません。また相談にのってください。ありがとうございます。

的確なアドバイスで軌道修正していただき助かりました【41歳 女性 恋愛、モラルハラスメントなど】

素晴らしいカウンセラーさんです!

的確なアドバイスだけでなく、参考になる本や心理学の深い知識をたくさん教えてくださいました。

感情的になり安易な恋愛マニュアルに従って間違った方向に考えていたので、軌道修正していただき助かりました。

モヤモヤしていることの解決策をきちんと提案してもらえました【42歳 女性 夫の潔癖症】

問題の中核をしっかりとらえてくださり、適切なアドバイスを下さいました。
今、モヤモヤしていることの解決策をきちんと提案してくださったので、さっそく実行してみたいと思います!

解決策を考えていく中で前向きになれそうです。
長い時間ありがとうございました。

嘘のように心が軽くなり驚きました【34歳 女性 家族との関係、過食など】

こんにちは。
先日無料相談ではお世話になりました。
数日経って落ち着いてきたので、今の状況をご報告しておこうと思います。

当日はかなり気分が沈んで思い詰めていましたが、カウンセリングのあと嘘のように心が軽くなり驚きました。
実は当日まで行くのをやめようか悩んでいましたが行って本当によかったです。
翌日から、私が変わったというより母や上司の態度がいつもより柔らかく感じました。
私自身も少し頭がすっきりして、いつも先延ばしにしてしまう用事にさっと片付きました。

あれから4日経って、最初あったふわふわした感じは落ち着いてきました。

今回のカウンセリングで、結局自分が何を相談したいのか自分自身よくわかっていなかったのに気付きました。
先生に訊かれた質問にちゃんと答えられていないことも多かったと思いますが、私のまとまらない話を聞いてくださりありがとうございました。

 

お申し込み、ご予約の方法~カウンセリング実施までの流れ

 お申し込みは簡単です。以下のような流れでカウンセリング実施となります。
 
 1.お申し込み
   申し込みフォームか、LINE、お電話(050-3638-3910)にて当センターまでご連絡ください。
     ↓
 2.日程の調整
   ご都合の良い日程をおうかがいさせていただきます。
     ↓
 3.予約の確定
   空き状況を確認し、ご予約を確定させていただきます。
     ↓
 4.問診
   事前にメールにて問診をお送りさせていただきますので、記入し、ご返信ください。
     ↓
 5.費用のお支払い
  (電話・スカイプでのセッションの場合は)前日までに銀行振込みにて費用をお振込みください。1回50分:12,960円(税込)※クレジットカードでのお支払いは承っておりません。
  (対面の場合は)当日お支払いください。
     ↓
 6.カウンセリング実施
  (対面の場合は)ご予約のお時間までにご来所ください。
   ▶アクセスの詳細、地図、当センターへの道順はこちら

  (電話・スカイプでのセッションの場合は)クライアント様からお電話いただき、セッション開始です。
 
 

当センターへのアクセス

 ▶アクセスの詳細、地図、当センターへの道順はこちら

 
 
 

よくあるご質問(Q&A)について

 「~~について知りたい」「~~が不安」など、よくあるご質問については下記のページをご覧ください。
 

  ▶「よくあるご質問(Q&A)」を見る

 
 
 
 
 

●お気軽にご相談、お問い合わせください