アタマの中が「???」でいっぱいでした。【57歳 千葉県 女性 書痙、仕事での悩み、など】

アタマの中が「???」でいっぱいでした。【57歳 千葉県 女性 書痙、仕事での悩み、など】

[仕事関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ書痙]

※初回セッション後の感想


前回のセッションは、いったいなんだったんだろうと、アタマの中が「???」でいっぱいでした。
トラウマのワーク中は、確かに脳内の回路がどうにかなっているような感覚がありました。
「心理カウンセリング」として想像していたものと全く違っていて、正直、驚きました。

セッション後は、急にやる気が出て、それまで滞っていた仕事を一気に片づけてしまいました。
熱中するあまり、朝まで寝ないで一気にやり終えてしまい、身体にはあまりよいことではなかったようです。
朝昼逆転生活に戻ってしまい、疲れも残り、トータルで仕事量は増えなかったです。
今はなんとか、昼夜逆転生活を立て直しつつあるところです。

日常生活においては、やはり緊張感は抜けません。
どうしても、抗不安剤を使いたくなってしまいます。
ただ、今までの緊張・不安が10だとしたら、8くらいには下がったような気もします。

 

軽滅しました。【42歳 三重県 男性 自律神経失調症など】

[対人関係仕事関連クライアント様の感想書痙自律神経失調症]

書痙ですが、まず自律神経失調から来る手の震えがかるくなり、
それに伴い書痙症状が明らかに軽滅しました。
(誰にも見られてないのに書痙症状はありました)

10が酷い状態だとすると現在5.5です。