涙が止まらなくなりました。【35歳 大阪府 女性 人間関係、など】

涙が止まらなくなりました。【35歳 大阪府 女性 人間関係、など】

[対人関係仕事関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ]


前回のセッション後はかなりの激変がありました。

セッションの翌日、不意に「ようやくここまで帰ってきた」と感じ、涙が止まらなくなりました。
まだまだおかしいと思う症状はたくさんありますが、
それでもいつの間にか消えてしまっていた自分の感覚が戻ってきました。
消えていた、ということすら気付けていなかったことにも気付かされました。

そして小さい頃から人の輪に上手く入れず、周囲に馴染めなかったこと。
それが辛いのに辛いと言える場所が無かったことが何よりも辛かったのだと、ようやく気付きました。

デリカシーのない無神経な両親の元に生まれて、人のことを信用できるようになる訳もないし、
人の輪に自然と入っていける大人になれる訳も無かったのですよね。
そう思うと仕方なかったのかも知れないですが、やるせないと思うし、
子供が親を選べないって悲しい現実だなと思ってしまいます。


両親自体、多分人のことを無条件で信用することが出来ない人たちです。
父親は基本的に人を上から見ているし、両親とも、友人というものがいません。
母親には一応友達、と呼んでいる相手はいますが、相手は母親のことを下に見た発言と、
自分はすごいんだ!という自慢話しかしないので、それは友達ではないと私は思っています。
そもそも母親は基本的に人のことを信用していないと言っていました。
父親は何年か前に、何らかの関係があった人たちとの繋がりを全部切り捨てた、と平然と言っていました。

人と横で繋がって上手く関われないからこそ、機能不全家族が出来上がったのかも知れません。
両親もある意味可哀想な人たちなのだと思います。
だからといって私にしてきたことが許される訳ではないですが。

 

 

仕事に関しても激変しました。
解離を起こして一瞬意識が飛び人の話が聞けない、話を聞いている間思考が止まっている、
人が信用できない、自分の周りに壁があってそこから出ていけない状態が消えたことにより、
いつの間にか消えてしまっていたと思っていた感覚が復活して、仕事をするのが楽になりました。

思考の回転速度、情報を結び付けて理解し、全体を把握しようとする感覚。
久しぶりの感覚に懐かしさを覚えました。

前回のセッション前は仕事が上手くいかなくて職場で最悪な状態だったのが、
セッション後は私が変わったことにより空気も変わり、居心地が良くなりました。
「すごい役に立ってる人と思われてるかも」、という空気を感じ(思い込みかもですが)、
大したことをしてなくても「流石です」と言われる謎現象が起きるようになりました。
減りはしたものの相変わらずちょこちょこミスはするのですが、
前と違って空気が悪くなることが無くなったと思います。
(それでももう少し落ち着けたら…とは思います)

まだ自分の感覚が残っていた10年程前でも、「人を無条件に信用する」ということは不可能でした。
だから認められれば認められるほど、失敗したら信用を失うのではないかと過剰に失敗を恐れ、
プレッシャーに潰されそうになる毎日でした。
それが今回は「感覚が戻ってきた+人も信用できる」状態になっているため、
あの頃のような強いストレスがありません。
何よりも何もなくても「楽しい」と思える時間が格段に増えました。
「人を信用出来るか否か」でここまで世界の見え方が違うのかと身を持って知りました。

ここまでの状態になれたことが本当に嬉しいです。
先生に感謝の気持ちでいっぱいです。


それでもまだ脳がおかしな反応をしているなと思う部分はたくさんあるので、
まだお世話になる日々が続きそうです。