悩みの原因や解決方法

適応障害とは何か?~本当の原因、症状と治療、接し方で大切なこと

[「適応障害」の原因と治し方「トラウマ、PTSD」とは何か?悩みの原因や解決方法]


 多くの人が悩む「適応障害」について、そのメカニズムやチェック方法、治し方などをまとめさせていただきました。

 よろしければご参考くださいませ。

 

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

 

適応障害

 

 

適応障害(Adjustment disorder)とは何か?~その原因

・ストレスが原因で起きる心の不調です。

 環境の変化、ストレスにうまく適応出来ていないことから生じます。

 ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」とされます。

 DSM-Ⅴでは、「心的外傷およびストレス因関連障害群」に含まれています。ストレス性の出来事への対処という観点でPTSDと同じ系統の症状と考えられています。

 ⇒「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

 

・特定の身体の病気や精神障害の基準は満たさないもので、健康と病気の間にある症状です。

 身体の病気や、気分障害(うつ病)などの精神障害の基準に当てはまらないが、本人は社会的な支障で悩んでいる状態です。

 

 

 

適応障害が生じるメカニズム

 通常、適応とは下記のようなプロセスを経るとされます。
 
 ストレス発生⇒ショック⇒怒り⇒混乱⇒解決の試み⇒不安、抑うつ⇒適応

 死別体験の場合は、
 ストレス発生⇒ショック⇒否認⇒怒り⇒抑うつ⇒受容(適応)
 
 つまり、だれでもストレスには少なからずショックを受けたり、混乱したり、不安になったりします。通常は、自分で吸収できる範囲で最終的に収束し適応に至ります。
 
 しかし、適応障害となる場合、ストレスに適応できないためにショックが大きく、そのプロセスで生じる「怒り」や「混乱」や「不安、抑うつ」が過大となってしまい、適応できず不調となってしまうのです。
 

 

 

適応障害の原因となるストレスは様々なものがある。

 ストレスというと、仕事や家庭でのストレスと思われがちですが、様々なことがストレスとなりえます。

 例えば、自身の病気や、身内の病気や死別、離婚などです。ガンといった重い病気、更年期障害、また、高齢による環境変化などからくるストレスから適応障害となる人は多いのです。アルコール、カフェイン、炭酸ガスなどに過敏など、影響物質によるストレスで適応障害となる場合もあります。

 ストレスを尺度としてまとめたものでは下記のように表現されています。あくまで目安ですが、死別や離婚、病気がいかにストレス因として大きいかがわかります。

 配偶者の死 100
 離婚 73
 配偶者との離別 65
 家族の死 63
 自分のケガや病気 53
 失業(解雇) 47
 家族の健康上の変化 44
 上司とのトラブル 23
 

 

 

適応障害になりやすいタイプ、性格

 あくまで参考ですが、下記のような方はなりやすい傾向にあります。

 ・ストレスに弱い
 ・真面目で頑張り屋
 ・几帳面
 ・傷つきやすい
 ・人の評価を気にしたり、合わせようとしすぎてしまう(過剰適応)
 など

 

 表面的には典型的なタイプではなくても、過剰適応を抱えていたりする人は多く、適応障害に至る場合も珍しくありません。

 また、パーソナリティ障害が潜んでいたり、発達障害が隠れていることもあります。
 

 

 

適応障害の症状の分類

 適応障害は様々な症状が現れます。症状の分類から6つに分けられます。
分類はご自身の状況を理解する上でも助けになります。

1.「抑うつ気分」を伴うタイプ

 憂鬱さ、気力の低下、絶望感、思考・集中力・判断力の低下、涙もろい、感情がうまくコントロール出来ない。気分障害(うつ病など)と似ているが、気分障害と診断されるほどの程度ではないものです。
 
 いわゆる新型うつや、非定型うつ、といったものなど、うつ状態とされるもののほとんどが、実は適応障害ではないか、ともいわれています。


2.「不安」を伴うタイプ

 心配しすぎたり、漠然とした不安、イライラしたり、神経過敏、軽いパニック障害など。ただ、不安障害と診断される程ではないものです。
 
 子どもの場合は不安を表現できないために「退行」としてあらわれます。幼稚園や学校に行くことを拒む場合は、発達障害や分離不安障害といったケースが見られます。

 

3.「抑うつ気分」&「不安」を伴うタイプ

 上記の1,2が同時に現れて、生活に支障がある。

 

4.「行為障害」を伴うタイプ

 行為障害とは、社会的に問題とされる行動を取ってしまうことです。(無断欠勤、遅刻、万引き、暴力、落書き、など)
 本人にも行為が悪いという自覚がありますが、適応できないことからくるストレスと向き合うことができず、投げやりな行動に現れます。いわゆる非行というのもこれにあたります。

 

5.「行為障害」&「抑うつ気分 or 不安」を伴うタイプ

 4および1,あるいは2が同時にあらわれ、生活に支障があるタイプです。子どもの場合によく見られます。

 

6.特定不能のタイプ

 身体の症状として現れる場合(肩こり、頭痛、だるさ、疲れなど)や、引きこもり、睡眠障害が見られるなど。1~5に分類できないタイプ

 

 

 

適応障害の特徴~甘えではなくストレスを取り除けば6ヶ月以内に解消できる

・適応障害は、決して甘えや怠け、気の緩みなどではない

 適応障害は、表面的には変化がないのに意欲やパフォーマンスが低下することやストレスから離れると元気になることから、単なる怠けや甘えとされてしまうことがあります。しかし、適応障害が生じるのは、決して甘えや気の緩みなどではありません。ストレスが大きい場合あるいはストレス耐性が十分ではない場合に生じます。ストレス耐性がある人でもストレスが過大な場合は症状に現れます。

 

・要因となっているストレスが特定できる

 適応障害の条件として、要因となっているストレスが特定できること、ということがあります。特定できない場合は、器質的な病や、別の問題であることがあります。

 
・通常ストレス経験の3ヶ月以内に発症する

 ストレスとなる経験の3ヶ月以内に発症されるとされます。

 

・ストレスの要因が除かれれば、半年以内に症状は消える(治療の期間)

 適応障害の大きな特徴ですが、ストレスの要因が取り除かれたり、対処できれば、半年以内で症状は消えます。半年以上続く場合は、別の問題であることが疑われます。

 

・他の障害の前兆となる可能性がある

 適応障害とは、健康と病気との間にある状態です。そのため、放置しておくとうつ病や不安障害といった問題に発展することがあります。

 

 

 

適応障害かどうかを、自分でチェックする方法(診断の基準)

 下記のことに当てはまる場合、適応障害と考えられます。

 

 □最近(3ヶ月以内に)、家庭、職場、学校、自身などに関してストレスとなるような出来事や変化があった。

 

 □上記のストレスが原因で、以下の様な症状が見られるようになった。
   心理面
   ・不安
   ・抑うつ
   ・焦燥感
   ・過敏
   ・混乱
    など

   身体面
   ・倦怠感
   ・頭痛
   ・肩こり
   ・腹痛
   ・多汗
   ・めまい
    など

   問題行動
   ・対人関係での問題
   ・遅刻、欠勤
   ・暴飲、暴食
   ・ケンカ
   ・犯罪行動
   ・自傷行為
   ・その他問題行動
    など

   
 □仕事など、社会的な活動に支障がある

 □ストレスに触れると症状が悪化する

 □他の身体的、精神的な問題の悪化によるものではない。

 

他の障害との違い、見分け方

 全体的に程度が弱いということがありますが、加えて下記のような違いがあります。

 ・うつ病(大うつ病)との違い

  うつ病がストレスから離れても抑うつ感が消えないのに対して、適応障害の場合は、ストレスから離れると抑うつ感が緩和される点が異なります。非定型うつや新型うつなどは、実は適応障害であることが多いと言われています。

  ⇒「うつ病の真実~原因、症状を正しく理解するための10のこと

 

 ・不安障害との違い

   不安障害とは異なる点は、不安障害の場合は原因がよくわからないのに対して、適応障害の場合は、ストレスの原因がわかっていることです。

 
 ・心身症との違い

   円形脱毛症や、胃潰瘍など器質的な異常が見られる場合は「心身症」とされ、だるさや吐き気、頭痛、など不調だけの場合は適応障害とされます。※ストレスが消えて6ヶ月以上続く場合は別の病気と考えられます。(ただし、死別の場合は1年以上続くと適応障害とされます。) 

 

 

 

適応障害の治療の方法

 適応障害の治療は、精神的にサポートしたり、ストレスへの対処法を身につけることが主となります。

 

 ・心理療法(環境調整)

  ストレスへの対応の仕方を変えるなど、根本的な改善のためにおこないます。本人の心の問題というよりも本人から見た環境を変えるということが主眼です。カウンセリングを主として、状況に応じて認知療法や、マインドフルネス、家族療法、アサーション、リラクゼーションなどを用いる。(ストレス耐性が弱いことが、愛着形成の不全による場合はトラウマ治療などが必要になります。)

 ⇒「マインドフルネスとは何か?~本当の定義、やり方、学び方のまとめ


 
 ・薬物療法

  抑うつ、不安など症状を軽減させる。あくまで補助的な治療になります。

 

サポート

 

 

 

適応障害の治し方、ストレスへの対処、サポートの原則~環境が原因である。

 適応障害は、本人から見たストレスを取り除くことが主眼です。基本は環境が原因だと知ることです。そのため、カウンセリングでも下記のことを行っていきます。

 

 1.ストレス耐性を高める。

   自尊心を高めたり、認知を変えるなど、ストレスの対処法を身につけます。

 
 2.ストレスに順応できない場合は環境を変える。

   環境を変えることも大切なことです。環境を変えることへの抵抗や偏見を取り除くなど周囲がサポートを行います。まず、ストレス耐性を高めるためには、下記の3つの要素を高めることが重要だとされます。
 
   ・把握可能感(sense of comprehensibility)
    生じている出来事や自分の気持を自身で把握できている、という感覚のことです。
    状況が把握できれば、ストレスに対処することができます。

   ・処理可能感(sense of manageability)
    生じている出来事に自分が対処できる、解決できると感じられる感覚です。

   ・有意味感(meaningfulness)
    起きている出来事が自分にとって肯定的な意味があると感じられる感覚です。
       
 
 具体的には、

   ・仕事、生活については、その案件に対する知識や技術を習得する。

    あるいは、慣れれば大丈夫だと知ること。

    現時点でうまくできなくても慣れればできるようになると知る、ということです。
    把握可能感や、処理可能感を高めてくれます。また、知識を習得すれば、有意味感を持つこともできます。

 

   ・他者の力をうまく借りる。

    その環境や社会に適応している他者の視点、知恵を借りて、適応を先取りしたり、適応のコツを学ぶことが出来る。


    例えば、先輩や上司に相談して、
    「今が一番忙しい時期だから、来月には楽になるよ」と言われれば、把握可能感は高まります。
    「もう少しこうすればいいよ」とコツを教われば処理可能感は高まります。
    「難しいお客さんとうまくやり取りできれば、これからどんな人でも大丈夫になるよ」と言われれば、有意味感が高まります。

    ストレスは貯めこむと増大しますので、適度に愚痴を言ったりすることは良いことです。相談ということではなく、友だちや同僚に愚痴を聞いてもらうことも大切です。
    もし、そういう人がいない場合は、自分で日記を書きましょう。かなりすっきりします。また、環境の負荷があまりに高い場合は、他者からのアドバイスで環境のせいであると気づかせてもらえるという利点があります。その際は、相談する相手がその環境から距離をおいている方など適切な相手を選ぶ必要はあります。
    その環境を支持している人だと環境そのものを擁護したりしますし、逃げることが悪いことだと思い込んでいる人だと、相談者の責任にさせられてしまう場合があります。(セカンドハラスメントといいます)

 

   ・認知を変える。

    私たちは物事を、従来の経験から判断する傾向があります。しかし、進学、就職、結婚、離婚、病気、死別、退職、など未経験の出来事は人生の中で必ずやってきます。都度、物事の捉え方、受け取り方を適度に修正していく必要があります。その際は認知行動療法の視点が役立ちます。カウンセリングを受ける、あるいは、認知行動療法については書籍がたくさん出版されています。漫画もありますので、ぜひ本屋などでお読みください。

 

   ・自分のせいだと思わない。

    自分のせいだとは思わないでください。環境や雰囲気が悪い職場や家庭はたくさんあります。新しいメンバーを教育したり、受け入れる体制が不十分な職場もたくさんあります。ストレスが過大な状況もあります。うまく行かなくてもお互い様。自分のせいだとは思いすぎないようにしましょう。

    そして、もしどうしてもその状況に慣れない場合は環境を変える、ということです。環境を変えることは逃げることだ、という誤った観念がありますがそうではありません。すべての環境に適応できる人はいません。プロスポーツの一流選手でも監督やチームが変わると活躍できなくなる人はたくさんいます。

    人間というのは環境の影響を強く受ける存在です。自分自身で環境を選択することは、豊かな人生を作る上で大切な方法です。

 


本質的な改善に向けて~「安全基地」を持つ

 さらに、耐性を高めるためには「安全基地」を持つことが大切です。

 「安全基地」とは、自分自身との信頼関係のことです。普通は母親などとのやり取りを通じて幼いころに形成されます。それが阻害されていると、土台が不安定なままで世の中と付き合うことになります。

 阻害する要因としてトラウマがあります。トラウマとは決して大きな出来事ではなく、日常の些細な出来事でもトラウマ経験となります。適応障害は、DSV-Ⅴでは、「心的外傷およびストレス因関連障害群」に含まれているように、トラウマと関連する症状でもあります。

 もし、自信がない、対人関係で問題を抱えやすい、生きづらさを感じるなどがある場合は、愛着障害、トラウマなどが原因と考えられますので、一度トラウマ治療(FAP療法など)を受けることを検討してみてください。

 ⇒「“FAP療法”とは何か?トラウマや難しい悩みを解決するための療法

 

 

 

適応障害に対する周囲のサポートや接し方

絆と愛着と家族のイメージ

 昨今は、安易に本人の問題にしてしまうことがありますが、心理的な不調は、実は環境の問題であることが多いのです。たまたまその方が自分たちを代表して不調を抱えていると考えられます。「心の問題」と原因帰属しまうことは、本人の自尊心を傷つけてしまいます。
  

 同僚や家族、知人・友人が適応障害に陥った場合は

  ・ストレスの原因である環境そのものを調整すること

  ・ストレスへの対処力を高めること

  ・ストレスを発散させること

 をサポートすることです。

 適応障害は、環境(ストレス)のせいだということを忘れず、環境に適応するための具体的なサポートを行うことが大切です。


 例えば職場での問題であれば、以下の5点を行ってください。

  ・環境を改善する

   心の不調は環境や人間関係のあらわれであることがほとんどです。本人の問題とせずにまずは環境を見なおして、改善を行ってください。一人の症状は、その環境のメンバーの問題を代表しています。職場全体の問題として、コミュニケーションの方法、職場の風土、マネジメントの仕方や仕事の進め方など出来る範囲で見直しましょう。

 

  ・技術的な教育、サポートやアドバイスを行う

   適応障害は、取り組んでいる仕事の見通しがつかないこと、うまくできないこと、意味が見出せない場合に生じやすいです。先輩、上司であれば、仕事についての技術的なアドバイスやサポートを行なってください。

   ストレス耐性を高める3要素に効果があります。特に新しく職場に来て慣れない人には有効です。

  
  ・悩みや愚痴を聴く

   ただ、ゆっくりと話を聞いてあげることも大切です。その際は、安易に本人のせいや根性論などにはしないように気をつけてください。


   
  ・抑うつ症状が見られる場合は休ませる

   抑うつなどが見られる場合は、仕事の負荷を下げるなど休ませてください。健康相談室やクリニックなどと連携することが大切です。
   

  ・励ますことは悪いことではない

    励ましが必ずしも悪いわけではありません。適応を支えるような励ましはOKですが、ただ本人のせいにすることは、適応を妨げるだけで、励ましではありません。(「あなたは大丈夫だ」と心の中で信頼しながら行ってください。)※うつ病で励ましが禁忌とされるのは、原因を本人に帰属させてしまうからです。

 

 

 ※サイト内のコンテンツのコピー、転載、複製を禁止します。

参考

 岡田尊司「ストレスと適応障害」
 貝谷久宣「適応障害のことがよく分かる本」

 

 

・悩みの原因や治し方についてさらに知るために無料メルマガを購読する

 

 

●お気軽にご相談、お問い合わせください。

 当センターは、トラウマケア専門のカウンセリングセンターです。当センターでは、カウンセリングをご検討されている方向けに「事前相談(無料)」を行っています(40分まで)。

 事前相談では、カウンセラーがお話を伺いし、専門知識に基づき、原因や解決策についての見立てや解決の見通しなどをお伝えさせていただきます。カウンセリングを検討するにあたり、ご不安なこと、お知りになりたいことを事前にご確認いただけます。お悩みの解決に取り組みたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

<事前相談やセッションをご希望される方は、下記の手順でお問い合わせください>

1.まず、当センターの特徴をご確認ください。
  ⇒当センター(B.C.C.)の特徴の概要についてはこちら
2.次に、ご予約をお取りさせていただきます。お電話、あるいは下記の問い合わせフォームから必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

 以上でお申し込みは完了です。

 ※事前相談(無料)では、電話、スカイプにて行っております。事前相談では、アセスメントやご相談のみとなり、カウンセリングやトラウマケアは行いません。
 ※事前相談と初回セッション(FAP療法、有料)を併せてご希望の場合は、弊社カウンセリングルーム(大阪心斎橋)か、電話・スカイプかお選びいただけます。電話、スカイプでもカウンセリングの効果に差はございません。

 

 

●Facebookでもご購読いただけます。

 

 

・この記事をシェアする。


mautic is open source marketing automation