リラックスして落ち着いている状態が増えてきた【36歳 千葉県 女性 トラウマ、人間関係、家族関係、など】

リラックスして落ち着いている状態が増えてきた【36歳 千葉県 女性 トラウマ、人間関係、家族関係、など】

[疲れやすさ緊張クライアント様の感想トラウマ家族関連対人関係]

【変化】

・疲労感が抜けてきて身体がシャキッとしてきた

・リラックスして落ち着いている状態が増えてきた

・夜ギラギラして昼夜逆転する日もあるが、朝から元気に活動できる日も増えてきた

・母の日に母親に電話ができた。父と母と話したのだが、緊張感や恐怖での身体のこわばりがなく、普通に話せるようになった

・仲間なんていらないみたいな気持ちと、でも、誰かと一緒に何かやりたい気持ちが同時にでてきた

【出来事】

・ブリーフセラピー・カウンセリング・センターのホームページの愛着障害の記事を拝見し、安定型の愛着の人の行動パターンを真似して過ごしてみたところ、世の中の人の反応はシンプルという意味が何となく体験できた

例:SNSでの見知らぬ人とのやりとりなど

・今まで政治に興味がなかったのだが、自分を取り巻く環境に興味が出てきて、政治に関心を持つようになった

自分の能力不足と思っていた部分は、政治的な失政の影響もあることがわかった


・祖父母の出てくる夢をみて、気づいたら寝ながら泣いていた。その夢をみた後、リラックス感が増した

 

気がついたらそれがなくなっていた。【39歳 大阪府 女性 職場の人間関係、吃音、など】

[緊張クライアント様の感想パワーハラスメント吃音仕事関連]

 ・前回、男性恐怖症のトラウマを取っていただく際、そのことを思い浮かべた時になぜ「襲われる」と思うのか自身の中で引っかかっていた。原因となった出来事に値するか分からないがセッションの3日後、唐突に過去に男性に襲われそうになった時の場面が思い出された。このことを思い出して後、「あの時のことは事故のようなものだったのだ。世の中の男性が皆そうではない」と自分の中で整理がついたような気持ちになった。以前より男性を目の前にしても緊張することが少なく、女友達と話すようなフランクさで接せられるようになったのではないかと思う。

 

 ・職場のお局様の方が色々言うことについて離れた位置で見られる感覚になってきた。なんかいつも言ってることがワンパターンだよな。という風に。

 ・職場で時々私のいる部署にに顔をのぞかせ、息抜きにからかいにくる人もいたが、私の方も冗談で返していなせる余裕が出てきた。

 ・私が言うのもおかしな話だが、人と話していてトラウマを負ってそうな人、そうではない人の見分けがつくようになってきた。

 ・共に共感できる価値観の似たような人が周りに集まってくるようになった。それによって自分自身がどういう価値観を持っているのかも再確認できる。もちろん合わない人とも接し
ているが自分とは違う価値観を持っているのだと、離れて見れるようになった。

 ・エレベーターで人と乗り合わせた時、無意識に体がこわばっていたが、気がついたらそれがなくなっていた。

 ・いつも過去の自分と一緒に生きていたように思うが、最近昔のことを回想する時が減っているように思う。

 

前と全然違い楽です【31歳 大阪府 女性 他者への嫌悪感、など】

[緊張怒り、イライラクライアント様の感想トラウマ仕事関連家族関連対人関係]

・職場にいた嫌いな人を思い出したとき(よく思い出す)、
 前のような生々しい怒りを感じないです。嫌いは嫌いですが、
 思い出して、もやがかかっているようなぼやっとしてるような・・・前と全然違い楽です!
 家族を思い出しても、同じような感じです。

・対人関係で嫌な思いをしたとき、お守りのように「右心室」など唱えていると、落ち着きます。

・眠りが前と違う感じです。先週日曜日にセッションを受けてから数日は、
 その眠りの変化に脳みそがちょっととまどっているような感じでしたが、徐々に慣れてきているような感じです。

・身体がものすごく疲れているのを感じました(疲れているはずなのに感じていなかったのだと思います)。

 

喜ばしいです。【35歳 大阪府 女性 人間関係、など】

[緊張ストレス応答系へのアプローチ怒り、イライラクライアント様の感想仕事関連対人関係]

今回もご多分に漏れず、しかも劇的な変化がありました。
一番効果が凄かったのは、『視覚からの情報が認識出来ない』です。


何が凄かったのかというと、視覚からの情報が認識出来るようになった途端、
自分の感情が劇的にわかるようになったことです。
そしてびっくりするくらい行動するスピードが上がりました。
(あと、目に光が宿る様になりました。=今まで私の目は死んでたんですね…。
鏡を見た時、かなりの衝撃を受けました。笑)

しかも今まで話したことが無かったのですが、子供の頃から部屋が片付けられず、

それこそADHDなのだろうかと思っていました。

しかしセッション後、帰宅してテーブルの上を見たときに、「片付けよう!!」と思い立ち、
要らないものを捨てまくって即片付きました。
まさか視覚からの情報が上手く認識できていなかったから、
散らかっている部屋を見ても片付けようと思えなかったなんて…。
『マジか!!』と叫んでしまいました。

その他にも、セッション後花見に行ったのですが、景色を見て感じることが、去年花見に行ったときと全く違う。

「あの桜良いんじゃない?」「大阪城ここの角度から見たらカッコイイと思う」等々、
彼氏が撮影した写真に「もっとこういう感じに撮れたら良かったのに」と感想が言えたり。。

ああそうか、絵を見たときに何を感じたら良いのかわからないとずっと思っていたのは、
全部視覚からの情報(感情)が認識できていなかったからだったのかとようやく気付きました。

そしてきっと、素早く行動出来なかったのは、自分が何を感じているか、何をしたいのか、
自分の感情がわからなかったからなのですね。
感情と行動はこんなにも直結しているのかと本当に驚きました。
視覚と感情が直結していることにもビックリです。
でも何より、脳にダメージがあると視覚にこんなにも影響が出るのだという事実が一番の衝撃でした。
衝撃と言うか、恐ろしい限りです。

今回のこの感情は、言葉では到底表しきれません。
言葉にしようとしても、
「ああ~~~~~~~~~~~」
「ああーーーーーーーーーーーーーーー」としか表現出来ません…。
これが本当の自分なんだーーー
これが私の感性なんだーーー
はあーーーーーーーーーーーーーーー
という感じです。

感情がわかることがとにかく嬉しくて、それを思う度に涙が出てきます。
今までどれだけのことを我慢して生きてきたんだろう。
どれだけ自分の感情に気付いてあげることが出来ずに生きてきたんだろう。
感情がわかるようになったことは嬉しいですが、今までそうは生きてこれなかったことを思うと本当に悲しくなります。
色んな感情が綯交ぜ状態です。


それでも今こうして本当の自分を取り戻しつつあることは喜ばしいです。
本当に、ありがとうございます。
先生には感謝してもしきれないです。


(中略)


 どんどん良くなってきて、ゴールまであと少しかも!といつも思うのですが、
 何だかんだでまだ改善したいことがたくさんありました。
 やっぱり私のトラウマによる症状は相当なものがあったんだな…と毎度思います。

 早く「もう大丈夫!」と思えるようになりたいものです。。

のび太からジャイアンっぽくなってきた。【36歳 千葉県 女性 過緊張、解離、体調不良】

[体調不良緊張ストレス応答系へのアプローチ解離クライアント様の感想仕事関連対人関係]

・他人の気持ちに敏感で、頻繁に恐怖感を感じて過緊張になっていたが、あまり感じなくなってきた。

そのかわり、イライラしやすくなって、他人の気持ち(他人の目線で物事を考える)を組むのが出来なくなってきた。鈍感で空気が読ず、注意力が散漫で、場にそぐわない余計なことをしてしまうような感じ。

・あえて例えて言うなら、のび太からジャイアンっぽくなってきた。

・以前は、「他人の気持優先で、自分の気持ちは我慢」だったが、今は「私の気持ち優先で、他人の気持はどうでもいいしそんなの関係ない」みたいな感じになってしまっていて、バランスが悪いような気がしている。

・今までは、思考するのが得意で、頭でっかちな感じだったが、頭で考えるのが苦手になってきたかもしれない。

物事の理解のスピードが遅くなった感じがある。

・今までは、「女性」でいることに違和感があり、女に生まれたくなかったという気持ちが強かったのだが、女性でいることが普通でしっくりくるようになった。

・常にまとわりついていた罪悪感みたいなものが、薄れてきた。

・それに伴って、「お金をたくさん稼がなきゃ」「子供を産まなきゃ」といった焦りも薄れてきた。

・初めにセッションして頂いた頃に比べて、楽に過ごせ、リラックスできる日が増えて来たように思います

・しんどい事が起きても、後で先生に相談してみようと思えるようになったので、出来事をネタとして捉えられるようになり、楽になってきました