行動範囲を広げています。【40歳 茨城県 女性 パニック障害など】

「モジュール単位でのローカルルール感染」、「スイッチ」、驚いてます。【55歳 大阪府 女性 パニック障害、など】

[家族関連パニック障害トラウマクライアント様の感想ローカルルール人格]

ぼんやりしていた状態から動きだしました。思考停止状態でもあったので、放心してる場合じゃないなと。
自分でぼんやりだと思っていた状態がいわゆる普通の状態なら、他にも思い違いしてることがありそうです。

パニック障害は消えました。5月に飛行機で起きたのが最後です。また追い込まれた状況で現れるのかもしれませんが、それはそのときのこと。

前回の「薄まった罪悪感」も消えました。
もし過去に戻ったとしても同じことをします。

(中略)

 

そして、「モジュール単位でのローカルルール感染」、「スイッチ」、驚いてます。
そのような発想は全くありませんでした。マイナス条件が揃うことで自分の中の部分が沸いて心身が騒ぐ、単純にそう考えていました。こんなに構造が違うなら、悩みの枠組みだけでなく、他にも変わってくることがありますね。

まず最初に考えたのはこれです。外では良い人が家庭内では別人のように豹変すること、一貫しないコミュニケーション、それを行う家族の面々が少しも悪びれた様子がないこと。
なぜこんなことに陥るのか、人間の二面性だけで解いてしまうと救いようがない霧が晴れてきました。

次に、母と私の発作は同じメカニズムで起きていると気付きました。
症状として現れる先が、自己の不調か、他者に向かうか、それだけの差。なら、対策も応用できて半減、問題はスリム化するはず。

 

ちゃぶ台返しに遭ったカウンセラーさんのお話も他人事とは思えませんでした。
母の不穏時も、わかろうとして親身に話を聞けば聞くほど、飲み込まれてわけがわからなくなっていくのです。
母は観客がいることで興奮のボルテージが上がるようなおかしな状態になり、私は恐怖で固まって動けず攻撃を受け放題、
介護士さんもそのようで、親身になって接してくださる方ほど巻き込まれてしまうようでした。
これをローカルルールに感染したモジュールにスイッチしたと捉えれば、「共感」より「またぎ」で納得。
母と私の連鎖スイッチもここで戻せばいい。逆に、問題を起こすモジュールに共感してたら、歪みも修正できず、解離からも戻ってこれなくなる。
やっと理解できました。

 

ローカルルールそれ自体が自律性を備えていることや、感染させるのはモジュール単位であることの説明、
ローカルルールが本当の敵であるということも受け取れました。これにはほんとうに身震いするものがあります。
認めないことで無きものにしたくなる誘惑がちらつきます。“二重の見当識”は忘れず覚えておこうと思いながら考え疲れて爆睡し、
今朝、心に聞いてみました。「まだ家族に殺されると思っているか?自分は人柱か?」と。
返ってきた答えは、「ローカルルールに殺される。人柱は断ればいい。あきらめるから」でした。

 

(参考)→「共感してはいけない?!

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

言葉が自分のまわりを舞って散っていくような感じになった。【31歳 大阪府 女性 家族関係、対人関係、トラウマ、など】

[対人関係家族関連トラウマクライアント様の感想怒り、イライラ]

 きつい人の言葉が皮膚の内側に入りこむ感じが消えました。
これまでずっと頭に残っていた言葉たちもぼやけてきたし、言葉が自分のまわりを舞って散っていくような感じになった。

 

だいぶ良くなった感じがします。【45歳 東京都 男性 対人関係、パニック障害、家族関係、など】

[対人関係家族関連仕事関連パニック障害クライアント様の感想怒り、イライラ]

だいぶ良くなった感じがします。前回のセッションの翌々日くらいに、今まで躊躇していた「あべのハルカス」のエレベーターに意を決してチャレンジしてみたところ、発作を起こさずに展望階まで乗れました。

電車内でも、あまり混んでなければ急行列車等、駅間距離の長い列車でも発作が起きなくなりました。

 

 

身軽になってます。【55歳 大阪府 女性 パニック障害、など】

[家族関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ]

あれ?と気付きました。悩みが普通の悩みになっている。悩みが単体。いつもの呪いが前に出てこない。相変わらず弟の言動に悩まされていることに変わりはないのですが、呪いが連動しない。そういえばフラッシュバックも起きていない。あんなに焼きついて離れなかった母の顔も消えている。呪縛とフラッシュバックがなければ気分は切り替えられる。楽!

ということで身軽になってます。

焦燥感を感じる時間が非常に少なくなりました【30歳 大阪府 男性 満足感、自己肯定感がない。職場の問題、など】

[対人関係家族関連仕事関連トラウマクライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ焦燥感]

前回、前々回の焦燥感のセッションの効果があらわれていると実感しており、
この1週間は焦燥感を感じる時間が非常に少なくなりました。

 

囚われる時間が明らかに減っていってます【35歳 大阪府 男性 過緊張、フラッシュバック、家族の悩み、など】

[家族関連トラウマクライアント様の感想フラッシュバック]

前回から比べて緊張は波がありますが少しずつ良くなってきている気がします。トラウマのフラッシュバックはかなり良くなってますね。囚われる時間が明らかに減っていってます…一番の問題はやはり過緊張です。まだ苦しくて少しめいる時がありますね。少しずつ改善してますので明日のセッションも楽しみにしています

 

涙が止まらなくなりました。【35歳 大阪府 女性 人間関係、など】

[対人関係仕事関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ]

昨年、カウンセリングを受け始める1~2ヶ月前に電子ピアノを購入しました。カワイの。
何故カワイしたかというと、電気屋でカワイの店員(?)にしつこく勧められたからです。
しかも適当に話を合わせてしまうことしか出来なかった当時の私は、
本当はダークブラウンが欲しいとわかっていたのに、真逆の白系の電子ピアノを買ってしまいました。

4つあるメーカーの中で、タッチはカワイが一番いいと思ってはいたのですが、音があまり好きではなく。
そんな感じだったので「自分で決めて買った!」という感覚が持てなかった為に、
ずっとそのピアノが気に入りませんでした。
今まで先生に、「この『ピアノが気に入らない』という感覚は何とか出来ないですか?」と
聞きたくなってしまったことが何回もある程…。

でも前回のセッションの後、電気屋に立ち寄って何となくヤマハの電子ピアノを弾いていたら、
音は聴き慣れていたので好きだったのですが、やっぱりヤマハの電子ピアノは弾きにくい…と思いました。
※前に使ってたのがヤマハだったのですが、弾き難さから今回の購入候補からは外していました。

そう思ったら急に『じゃあやっぱりタッチの良いカワイのピアノにして良かったんじゃない?』と思い始めました。

その気持ちに自分で驚いて、家に帰ってカワイの電子ピアノを弾いてみたら、、、1週間前と、違ってました。
何か。弾けるようになってたんです、ピアノが。
上手くは弾けないんですよ。やっぱり大人になってから習ってるので、子供の頃習ってた人には敵わないです。
でもそういうことではなくて。

誰でもそうでしょうけど、その時は出来なくても、練習すれば次の日には前の日より少し上達してる。
それを日々繰り返していけば、最初は全然弾けなかった曲も、気付けば弾けるようになってるんです。

だから1週間前にちょっと練習してたのが、今回帰宅して弾いてみたら、前より弾けるようになってて。

思い出したんです。それが楽しくてずっとピアノ習ってたんだって。
『出来るようになる』『弾けるようになる』
楽しくて、もっとたくさん弾けるようになりたかったから、毎日ひたすら練習してたこと。
だからこそ、弾けるようになった曲がたくさんあったこと。

以前セッションの時に、ピアノを弾いていたら

『もっと出来ると思って良いんじゃない』『もっと出来ることたくさんあるんじゃない』

というような声が自分の中から聞こえたと話したと思うのですが、
私はそれがローカルルール人格の声なんだと思っていて。
もっと出来ると思って人のこと見下すようになれーという意味の言葉だったのだと思ってました。

でも、違ったのかも知れません。

『出来ていたことがあった』

『出来るようになったことがあった』

ということを、思い出そうとしてたのかな…と思いました。

そしてそれらを思い出した時に、ピアノから「おかえり!!やっと戻ってきたね!!」と
言われたような気がして、涙が止まらなくなりました。

それでようやく、自分はピアノが弾けなくなっていたんだということに気付きました。
『楽しんで弾けなくなってた』が正しいのでしょうか。
大分前(去年?)、ピアノを弾くと眠くなるという話をしていたと思うのですが、
楽しいと思えなかったから眠くなっていたのかも知れません。
むしろ今は時間を忘れて弾けるようになったので、やっぱり何かがおかしかったのだと思います。

原因はよくわかりませんが、ともあれピアノが楽しく弾けるようになって本当に良かったです。
自分がどれだけピアノが好きだったかも思い出したし、カワイのピアノが嫌だと思うことも無くなりました。

何がプラスに作用したのかよくわかりませんが、でも全部先生のお陰だと思ってます。
これだけでもカウンセリングを受け続けた甲斐があったと思えます。
(実際にはこれとは比べ物にならないくらい色々と助けて頂いていますけれども)

それくらい私はピアノが好きなんです。

だから先生、ありがとう!!

ありがとうございます。【61歳 兵庫県 女性 家族関係、対人関係、など】

[対人関係家族関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ自己肯定感のなさ]

前回のセッションで、「自分にいいことがおこるわけがない」というのを、セラピーしていただき、とても楽になりました。ありがとうございます。

 

 

自分と向き合う時間が増えてきた【44歳 静岡県 女性 家族関係、など】

[家族関連クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ怒り、イライラ]

前回から、子供に対するイライラがなくなって、自分と向き合う時間が増えてきたきがします。

 

 

びっくりした。【24歳 神奈川県 女性 対人恐怖、自信のなさ、フラッシュバックなど】

[対人恐怖自信のなさクライアント様の感想フラッシュバック]

自分の中の苦しむ原因になっていた考えに気づく余裕が少しできた気がする。
こんなに色んな事が頭をよぎっているから、自然に振る舞えないのか、とびっくりした。

人と関わって怖くなった時に、恐怖感に飲み込まれてしまう状態はまだあるので、そこが和らげば良いなと思う。

 

休んだりできるようになった【20代 神奈川県 女性 対人恐怖、自信のなさ、フラッシュバックなど】

[対人恐怖自信のなさトラウマクライアント様の感想フラッシュバック]

・自分を責めることが減ってきたので、気分の落ち込みが楽になった
・~をしなければならない思考がやわらいできた
・上記のおかげで、自分が疲れたり嫌だと感じたら、休んだりできるようになった

 

 

気持ちが安定し他人の影響を受けにくくなってきた【30代 大阪府 女性 職場の人間関係、吃音、など】

[対人関係仕事関連吃音クライアント様の感想ストレス応答系へのアプローチ]

 ・弱点へアプローチする治療が結構効いているように思う。つけ込んでくる相手にズブズブと奥まで浸食されていたのが、撥ねつけられるようになった。「弱点は他人が作り出すもの」という先生の言葉がアンカーの役割を果たしてくれていて、人から言われることに足をすくわれそうな時も自分自身を保っていられる。

 ・他人が指摘してくることは、その人から見た一つの視点でありそれが全てではないのだということが、理解できるようになった。

 ・年上の後輩が常に私の「あるもの」より「ないもの」に視点を当てて話をしてきていることが分かった。
  そんな後輩とは少し距離を置くようになった。

 ・妙なことを言ってきているというのが肌で感じられるようになり、相手に不快な思いをしていることを態度でも表せる強さが出てきた。

 ・弱点の中でもとりわけ「友達」に関することがキーポイントになっていたように思う。子どもの頃から今まで、私に友達がいないことを指摘してくる人は少なからずいた。その度に後ろめたい気分にさせられていた。
  「自分のペースで人と接していけばいい」との先生の言葉から、私は先ず第一に人と接することより、自身の内面を見つめて真実を見つけることの方が好きなんだと気がついた。その上での人付き合いがあるのだと。
  そのことが分かってから離れていた私と私の心がパイプで繋がったような感覚になった。
  不思議とそれから人とのコミュニケーションがボールを互いに投げ合うようにスムーズに行くようになった。

 ・人の目が気になる時も私と私の心が離れている時なのだと思う。心と繋がっているかまめにチェックをすることで気持ちが安定し他人の影響を受けにくくなってきたように思う。
  他にも...
   *人から急に話を振られても、その人のペースに呑まれることがなくなった。
   *自分の中に芯ができることで、以前より自信を持って話すことができるようになった。

 

 

安心感を感じられる様になってきました。【50代 大阪府 男性 トラウマ、仕事についての悩み、など】

[家族関連仕事関連トラウマクライアント様の感想]

過去の事を思い出して精神的苦痛を感じる事はほとんど無くなり、穏やかな日々を過ごせるようになっているだけでなく、仕事面でも徐々に「記憶できない」という状態に改善が感じられるようになってきて安心感を感じられる様になってきました。

「そのうち出来るようになる」という前向きな期待も徐々に持てる様になってきた様に感じます。

 

世界が土曜日の午後のような穏やかなものに【30代 大阪府 女性 職場の人間関係、吃音、など】

[対人関係家族関連仕事関連吃音クライアント様の感想]

・前回の叩かれる恐怖のトラウマ・ケアの後、世界が土曜日の午後のような穏やかなものに思える時があった。
 不意に急変するような危ういものではなく、実は世界はもっと安全と安心に満ちているものではないのかと。
 そして、もっと早くにピアノ教室へ通うのを止めておけばよかったと思った。この思いは私の中でしつこくぶり返す。

 

・思えばピアノ教室の事を始め、私の人生は「置かれた場所で如何にして耐え、生き抜くか」の認識の上にいつも 成り立っていたように思う。こちらが望んでいないのに何故かいつもそういう状況に置かれていた。
 だからトラウマの治療を受ける前までは「楽しんで生きる」ということの意味が理解できなかった。 人生は向かい風の中を進むようなもので、穴の開いた自身の欠点をパテで埋めて完璧な姿に形成していく過程こそが人生だと思っていた。

・前より人の事を気に留めなくなった。人脈を作ろうだとか、友達を作ろうと努めている時は却ってギクシャクしたり、嫌な目にも遭っていたが、そういう努力をしなくなると逆に人のことがよく見えるようになる。 自分を中心に据えると舐められにくくなるのか。何か他人の私への態度が変わってきたような気がする。大げさに言うと一目置かれるようになった感じというのか。今までが他人の顔色を窺い過ぎていたのかも知れない。

・そうかと言って付き合う人の幅が狭まった訳ではなく、新芽が芽生えるように新たな人付き合いも始まっている。

・人の事を気に留めなくなったら逆に人との会話が阿吽の呼吸でやり取りできるようになった。

 

1.5倍速でできている気がします。【30代 大阪府 女性 仕事についての悩み、対人関係の悩み、家族の悩み、など】

[対人関係家族関連仕事関連クライアント様の感想怒り、イライラ]

・前回が終わったあとくらいから調子がよいです。
 あまり考えずに物事を進められる感じがする。仕事もこれまでの1.5倍速でできている気がします。
 人のことも前ほど気にならないような。そして人が優しくなった気がする。