生きることが楽しくなった【東京都 男性】

生きることが楽しくなった【東京都 男性】

[吃音クライアント様の感想]

【東京都 男性】


感想としては、「楽しかった」の一言につきます。
そして、生きることが「楽しくなった」。


幸せになれるんだ、と思います。今より。もっと。
苦労なんかしないで、ただひたすら楽しんで生きていけるんだ。
ただただ幸福であればいいんだ。

よく目にする言葉で、
「努力したからといって、必ず成功するわけではない。
だが、成功者と言われる人間は誰しも人一倍の努力をしている。」
というのがあります。これは嘘だな、と思います。
嘘と言うより勘違いと言うべきかもしれませんが、多分これを言った人は成功者ではないのでしょう。

少なくとも、僕はただ楽しんでいるだけで、全力でワークを楽しむだけで、
吃音克服に成功しました。

楽しんでいればいいのですね。自分が楽しいと思うことに対して、
全身全霊をかける。自分の全てを注ぎ込む。それは端から見ると凄まじい努力に見えもしますが、努力とは違う。
もう、努力(=苦労)はやめました。

今僕の行動を制限するものとして、語学力不足があります。
なので、より自分を自由に動かすために、英会話スクールに通うことにしました。
3カ所見学して、一番楽しそうな所に来週から通うことにしました。
とても楽しみです。でも楽しくなかったらすぐに退会するつもりです。
根気のない奴だ、と言う人がいても全く気にしません。
ただただ、楽しみます。全力で。

ワークで得たものはたくさんありますが、何よりも大きいのは、かけがえのない仲間が出来たということです。
本当に、素晴らしい出会いであり、つながりができました。
全員が、それぞれ自分にとって意味のある存在でした。

自分と似た考えの人、自分の憧れを体現している人、自分とは違うタイプの人、ワークの成果をすごい勢いで吸収して変わっていく人、ワークから離れる人、ワークを受け入れない人、、、、みんな、それぞれが僕の心の一面を投影してくれていて、そしてみんなで僕の心の全てを形作ってくれました。

このメンバーが集まったことは、奇跡であり、僕の人生最大の幸運であると思っています。

名言セラピーに載っていた言葉だと思うのですが、
「この地球上で、ある特定の人が別の特定の人に出会う確率は、降ってきた隕石が自宅のトイレの便器に偶然すっぽりおさまる確率に等しい」というのを見た記憶があります。


11人の仲間たちの存在は、立て続けに11個の隕石が降ってきたような奇跡です。
便器が粉々です。

この奇跡に、ただ感謝し続けるだけでも、僕の人生は幸福です。

コンプレックスは全部消えた【東京都 会社員】

[吃音クライアント様の感想]

【東京都 N.J 会社員】


・姿勢をよくすること。笑うこと。前向きな言葉を使うこと。そういう、外面的な方法で人生が良くなること。意識が前に向くこと。

・自分はただの人。みんなとおんなじ。おんなじに幸せ。

・ぐるぐると悩み込むことは、思考停止と同じ。なら動け。

・100%自分を受け入れた。内面だけでなく、声とか、名前とか、
そういう外的な部分まで全て。コンプレックスは全部消えた。


・現象に善いも悪いもない。ただの事実。それをどう認識するかで、真実は変わる。

 

 

 

自己向上にも絶対につながるワーク【男性】

[吃音クライアント様の感想]

【A.M.男性】


ワークに参加して、自分自身に一つの区切りがついたような気がします。
今までは頭では吃音以外のことのほうが、人生で重要なことはわかっていましたが、本当の意味でココロは理解していなかったようにおもいます。

今後は自分自身の大切にしている価値、「熱意を持ってまわりの人を幸せにする」
人生を送るために、足りていない部分を今後の人生の課題として生きていきます。

吃音に悩んでいる方ではなく、自己向上にも絶対につながるワークですので参加する価値は十分にあると思います。

自分自身を取り戻すことができた【男性】

[吃音クライアント様の感想]

【F.N.男性】


吃音を通じて、自分自身と向き合う貴重な体験をさせてもらいました。

「自分」という人は、よく知っているようでいて、とてもあいまいな存在だったと思います。自分は何が好きで、どうしたくて、どうなりたいかを今までで一番真剣に考えた6ヶ月と思います。

自分を知ると言うことができたことが、何よりも大きな実りだったと思います。
(吃音克服は、そのおまけみたいなものです)

自分に足りないものや自分のだめさを知る、自分で気づけるということはとてもいいことだと知りました。同時に、自分を変えようとすること、
自分の良さに気づけることのすばらしさも知りました。

真剣に自分と向き合うことは正直つらいこともありますが、それ以上に喜びを得ることができました。

吃音が持つ本当の意味を認めてあげて、自分自身を取り戻すことができたと思います。「吃音はなのも悪いものではないこと、自分の考えが吃音を悪いものだと認識しているから、どもるんだ」ということが今は理解できます。

これからは、本来の自分で、自分自身をおもしろがって楽しんでいくことをしていきたいです。

ここまで内面から変われるとは 思いませんでした【男性】

[吃音クライアント様の感想]

※弊社のクライアント様の感想です。

【A.K.男性 吃音】

「参加してよかった」というのが全6回を終えた今の率直な感想です。
毎回何かしらの発見や気づきがあり、それがまた新たな糧となる。
少々(?)頑固だと自覚している私が、ここまで内面から変われるとは
思いませんでした。


グループワーク1回1回の変化は、小さいかも知れません。
顕在化しないかも知れません。しかし、それを続けることで、実を結ぶ、
継続は力なりを実感せざるを得ないようなそんな心境です。

「吃音克服」をメインに据えたグループワークではあるのですが、
その本質は別の所にある、そんなことも感じました。半年前の私たちがそう
であったように、「吃音」というミクロの部分にだけ焦点を当てていたら、
本来見えてくるものさえ、見えなくなるせいでしょうか?

これに関連して、私が悩んでいた「吃音」というものが実は些細なこと
だったんだなと感じました。もっとも当の本人には大問題だったのですが。
もし、グループワークに参加を検討されている方がおられるのであれば、
説明会でもいいのでぜひ、参加して頂きたくおもいます。

自ら考えた行動することもまた大事なステップだと思います。
最後になりましたが、半年間ありがとうございました。